0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『野獣死すべし』




廣西眞人『野獣死すべし』再見、

新聞工場の印刷工をしている伊達邦彦=木村一八は、刑事の山西道広を轢いた後射殺し、山西の拳銃を奪う。

その銃を使って中国マフィアの金を奪い、身元がバレると、拾ったゲイを連れて逃走し、ゲイを囮にして敵を射殺する。

だが一発で撃ち殺す、その見事な拳銃の腕前故に、そこから刑事の永沢俊矢に疑われるようになる。




大藪春彦原作の、3度目の映画化作品。

伊達邦彦を木村一八が演じている。

しかし伊達邦彦を、新聞工場の印刷工で、小さい頃に目の前で両親を殺され、その仇を取ろうとする男という、なんともB級復讐アクション映画にはありがちな設定にしたことが映画をつまらなくしている。

元々伊達邦彦のやってることは、基本的には身勝手極まりない、ただの強盗殺人でしかない。

それでも原作や松田優作主演の映画版のように、戦争というものに翻弄され、それなりにインテリなのに、戦争のトラウマから狂ってしまった男という設定なら、まだ狂気と怒りと犯罪というものの関係に意味深な厚みも感じられるが、妹思いの印刷工が過去のトラウマからただの強盗殺人を繰り返し、結局仲間も恋人も殺す話など、ハードボイルドな非情さという感じでは全くなく、ただの卑劣な強盗殺人犯を描いているにすぎないように見えてしまう。

木村一八は、ひょっとしたら顔立ちやルックスは一番原作の伊達邦彦に近いんじゃないかとさえ思えるのだが、しかし設定に伊達邦彦らしさがあんまり感じられず、ただの卑劣な強盗殺人犯の設定にしか見えないため、随分損をしていると思う。

後半クライマックスの永沢俊矢と木村とのガチンコ対決も、ほとんど永沢が木村を半殺しにしているのに、グダグダやってて木村に射殺されるというのは間抜けすぎる描写である。

過去に両親を目の前で殺されたトラウマ抱えた下層の印刷工が強盗殺人犯として暴れ回る話に変えたなら、それをノワールな狂気として描けばいいのに、そういう掘り下げ方もあんまりやってない映画である。

そんな、どうにもチグハグ感ばかりが目立つ一篇。 2017/06/06(火) 00:06:10 大映 トラックバック:0 コメント(-)

『殺し屋アンナ』




長尾くみこ『殺し屋アンナ』、

修道女アンナ=横山美雪は、裏では神父に命じられ、人を殺す凄腕の殺し屋だった。

横山は、神父だけが知っている凄惨な過去から幸せを捨てて、法で裁けぬ悪を殺す「天使の処刑人」になったのだった。

だがある日、教会の結婚式に武装集団が乱入し、教会は地獄絵図と化す。

横山は、この犯人らが自分の過去の事件に関わっていることに気付く。





法で裁けない悪を神の法で裁く修道女を描いた女殺し屋映画。

題材や、過去の事件にまつわる存在が横山を使命と恨みの気持ちの間で葛藤させるという設定、または神の法によって悪を裁くということに関するわりと真摯な理屈が語られるところなどは悪くない。

しかし、そのわりにはアクション場面はショボく、パッケージにあるような場面もないし、そこからイメージされる悪とのハードな対決展開もただあっさり描かれるばかりで、あまりにスカスカな感じがするのが惜しい。

情念の極みのような裁きを、感情を殺して神の法として行いつつも、使命と人間的な恨みの間で揺れ動くという、中々複雑かつ重層的な情念のお話をやっているのに、その複雑な深みがあまり展開描写全体の中に感じられず、ちょっと浅いところが残念である。

横山美雪はわりと役に合ってると思うが、結局この展開や描写のあっさり感がそれを活かせていない。

悪役の造形だってそう悪くないだけに、色々と惜しい作品である。

大風呂敷を広げたところまではよかったのに、それを丁寧に掘り下げて描かず、随分あっさり軽く畳んでしまった感のあるイマイチな一篇。 2017/06/03(土) 00:40:29 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

『メガ・シャークVSメカ・シャーク』




エミール・エドウィン・スミス『メガ・シャークVSメカ・シャーク』、

ある日、貨物船がエジプトまで運んできた氷山から、巨大ワニのクロコザウルスとの戦いで死んだと思われていたメガ・シャークが数年ぶりに出現する。

国連は全海域の封鎖を要請するが、メガ・シャークはこれで3度目の復活でさらに凶暴に暴れまわる。

そのために、強烈な破壊力を持つ魚雷を搭載したサメ型最新兵器・メカ・シャークを出撃させ、エリザベス・ロームとクリストファー・ジャッジが尽力するが、メガ・シャークはかなり強力で、メカ・シャークはトラブルに見舞われ苦戦する。





前作『メガ・シャークVSクロコザウルス』の続編。

凶暴な上に何度もご都合主義的なまでに復活してくるメガ・シャークに対して、怪物ではなく、人間の作った最新兵器であるメカ・シャークが立ち向かうお話。

前に評を書いた、同シリーズ作『メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス』に出ていた、元アメリカのアイドルシンガー、デボラ・ギブソンが同じ女性科学者役でこの映画にも出ている。

しかしあくまで主役はエリザベス・ロームとクリストファー・ジャッジのカップルである。

破壊力のある魚雷だけでなく、最先端の人工知能で制御されたメカ・シャークと、動かす人間であるエリザベス・ロームや、クリストファー・ジャッジの交流や信頼が描かれ、その合間にエリザベスとクリストファーのカップルの信頼と愛情交流が描かれていくのがメインである。

しかし、様々なトラブルに見舞われて、メガ・シャークを中々倒すことが出来ず、エリザベスが窮地に陥ったり、最先端兵器のメカ・シャークが機能不全となる。

そこで兵器でしかなかったはずのメカ・シャークが、急に制御不能の人知を超えた怪物になってしまう展開がちょっと面白い。

そこでクリストファーは、制御不能のモンスターと化した人工知能兵器を同じくモンスターであるメガ・シャークに立ち向かわせるように尽力する。

いつもは両方、ハナから人知の及ばぬモンスター同士を主人公が都合良く戦わせる展開だが、今回は元々人間が作った最先端兵器=人工知能が、人類の制御不能となりモンスターと化したところで、メガ・シャークという凶暴モンスターに立ち向かわせるという展開になっているところが新味である。

これは、メガ・シャークという天災は、最先端の人工知能が人間の制御を超えたモンスターと化さないと倒せないという意味合いでもあり、そこが軍事的にちょっと意味深なSF展開にも思える。

だが最後には人工知能とクリストファーの絆というか交流も復活し、いつもよりややこしい展開ではあるが、そう短絡なパニック映画なだけではない作品になっている。

見てくれはまあ毎度の唖然とする安っぽさに満ちたパニックアクション映画だが(苦笑)、いつもより多少捻りが効いていないでもない一篇。 2017/05/30(火) 00:06:56 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

『YOKOHAMA BLACK』




石川二郎『YOKOHAMA BLACK』、

的場浩司は元・ロシア軍特殊部隊出身だったが、ヤクザ組織会長の成瀬正孝の命により、東京や関西の侵攻から神奈川を守る為に、ヤクザ組織の影の暗殺集団・特別高等粛清班のリーダーをしていた。

暗殺集団のメンバーは元医師の小沢和義、元力士の佐々木健介や、元自衛官の藤重政孝らだった。

ある時、組長が襲われ重傷を負い、組員の山本淳平は、よその組織の成瀬会長に頼んで、組長を助けてもらう。

成瀬会長は山本を気に入り、的場に預ける。

山本はそこで影の暗殺集団の実態を知ることになるが、そんな折、助けた組長が殺されてしまう。

その後、的場らは関西や東京からの侵攻に立ち向かっていく。




的場浩司の暗殺集団を描いた作品。

冒頭から容赦なく粛清するので、かなり非情な集団を思わせるが、その分、銃撃戦や武闘場面はちょっとだけ派手で、武闘場面では佐々木健介のアクションも見られる。

成瀬正孝が任侠ヤクザ会長役で、的場の暗殺集団もチームで動く集団として描かれるが、他にmisonoや元木大介、紗綾や久保新二が出ている。

また、かってはミュージシャンとしてイケメンスターだった藤重政孝は、今は別の仕事で何とかやってるらしいが、近年ではドラマや映画にも出ており、ここにちょっと渋みを増した相貌で出演しているのもVシネらしい。

岡田浩暉も元々ミュージシャンで、近年ではバイプレイヤーとして安定してきたが、ここでも成瀬の子分役を脇で演じている。

全体的にもう一つピリッとしない出来だとは思うが、的場浩司と小沢和義は『新・極道の紋章』シリーズに続いて同集団の仲間同士として息の合った共演を見せているし、元特殊部隊役の的場や自衛隊出身者役の藤重とかっての自衛隊仲間による戦争アクションじみた銃撃戦などもまあまあ悪くない一篇。
2017/05/27(土) 00:06:18 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

『ラストミッション』




マックG『ラストミッション』、

CIAエージェントのケヴィン・コスナーは、余命幾ばくもないことを知らされて、これからは今まで蔑ろにしてきた家族と共に過ごす人生を送ろうとパリの妻子のところへ行く。

しかし家庭を顧みない生き方をしてきたため、娘のヘイリー・スタインフェルドと仲良くなれないでいた。

だがその頃、CIAエージェントのアンバー・ハードが、コスナーに最後のミッションを依頼してくる。

それは極悪なテロリストとの戦いであった。

病魔に蝕まれた体でコスナーは娘との関係修復とテロリストとの対決に没頭するが。





マックGが監督、脚本がリュック・ベッソン他、主演がケビン・コスナーというビッグネームが組んだアクション映画。

ケビン・コスナーはエージェントというより殺し屋みたいだが、そう見えてしまうほど、かってヒーロー役ばかりやっていた時代と違って、色々なまわり道をしてコスナーは役の幅を広げてきたので、かなり悪党っぽいワイルドなエージェントにして娘に翻弄される父親役をうまく演じている。

強面な裏の世界の人間が娘に振り回されて家庭を大事にしようとするキャラのギャップは、かっての日本のVシネマなどでよく描かれていたギャップ描写である。

だから脚本はそんなに斬新ではなく、ちょっと懐かしくすら思えるが、何故かケビン・コスナーがそんな役を複数的に演じると古さがあまり気にならなくなり、敵を捕まえてきて無茶苦茶するようで、その相手の人間的な部分にいつも触れていく描写にも面白みがあり、中々うまく出来ている。

やはり、かってなら勧善懲悪のヒーローが似合ったコスナーが、真逆のダーティヒーロー役に見事に似合っているということや、題材自体がB級アクション映画っぽいところが功奏しているのだろうと思う。

娘に翻弄される余命幾ばくもない普通の父親の顔と非情な殺し屋のようなエージェントの顔を同時に切り返すコスナーの演技や描写がわりと面白いし、その切り返しにリズム感すらあり、テンポよく描かれている。

アクションシーンも中々派手だし、『ボディガード』のパロディのようなシーンも入り、映画自体がケビン・コスナーのパスティーシュ的でもある。

アンバー・ハードが準主役っぽく出てくるのに、出番が少なくて地味なのは気になるが、わりと面白く見られる活劇の一篇。 2017/05/23(火) 00:59:44 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)
前のページ 次のページ