FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『狂犬と呼ばれた男たち カリスマヤクザ』




浅生マサヒロ『狂犬と呼ばれた男たち カリスマヤクザ』、

三代目組長・小沢仁志は、縄張で暴れていたため子分にボコボコされ、尚悪態を吐く若者を見ていて、ある男のことを想起し、その男の話をし始める。

その男=独立系組織の若頭・本宮泰風は、やたらとケンカが強いステゴロの帝王だった。

組長の渡辺裕之は、本宮の強さに惹かれる若者に盃をやり、組員にして勢力拡大しようとする。

ある日、縄張内にきな臭い噂のクラブを見つけ、本宮は様子を見に行くが、そこは日本最大の組織が経営する店だった。

だが本宮は気にせずに喧嘩で相手を叩きのめすのだが、それが組の悲劇に繋がっていく。





伝説のステゴロ最強ヤクザを、回想形式で語った作品。

いつもは、クールで分別がありその上で強い役が多い本宮泰風が、ここではやたらと暴力的でなんでもステゴロで片付けようとする武闘派ヤクザを演じている。

あまりの本宮の喧嘩の強さに周りは引くどころか皆魅了され、子分になりたがるが、しかし本宮は状況も組織の力関係もお構い無しにステゴロ勝負して暴れるため、徐々に大きくない独立系組織崩壊の危機を招くことになる。

子分はバンバン殺され、焦りだした本宮は、最後に単身殴り込みをかける。

回想形式でなく語れば、一昔前のヤクザ映画なら普通の展開と言える。

しかし回想形式にしているのは、その一昔前のヤクザ映画の展開が、現実的には無謀な組織破壊に繋がるということを踏まえているからだろう。

それによって伝説のヤクザの悲劇性も高まり、中々エモーショナルなテイストが秀逸な作品になっている。

結局本宮の組は崩壊してしまうのだが、しかし、現実的視点から見て本宮を否定しているわけではなく、やはりステゴロヤクザの本宮は伝説の男であり、単に引退したように見えた組長の渡辺裕之の最後の行動も、隠れた伝説的な生き様として描かれている。

赤井英和は、Vシネで最近よく関西の悪役的ボス役を演じているが、ここでも好演している。

いつもより暴力的でキレやすい設定の本宮泰風も役によく合い好演している。

語り部的な小沢仁志は、途中から回想話にも仲裁役として登場するが、今回は終始冷静なキャラの役どころである。

エモーショナルなテイストが独特の情緒を生み、それが作品自体のトーンを決めている、わりと佳作な一篇。 2018/05/15(火) 00:43:14 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1944-7d4dce33