0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『岸辺の旅』




黒沢清『岸辺の旅』再見、

深津絵里は、3年前に夫の浅野忠信が失踪し、その喪失感に苛まれていたが、やっと子供にピアノを教える仕事を再開する。

だがある日、浅野がふらりと突然帰って来て「俺、死んだよ」と告げる。

浅野は妻の深津に「一緒に来ないか、きれいな場所があるんだ」と言い出し、深津は浅野と2人で旅に出る。

それは浅野が失踪中の3年間にお世話になった人々を訪ねる旅だった。

しかし最初に訪問した、寂れた新聞配達店・店主の小松政夫は浅野と同じ死者で、そのことに気づいていなかった。

旅の途中、浅野と深津はお互いの愛を再確認していくが、二人の永遠の別れの時は徐々に近づいていた。




湯本香樹実の原作を黒沢清監督が映画化した、第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞受賞作。

この映画はやはり、かなり素晴らしい。

何が素晴らしいかって、物語は明らかに夫婦のヒューマンドラマなのに、そこに浅野忠信他死者が日常に出てくるだけで、それがただの設定では終わらず、そんじょそこらのホラー映画が太刀打ち出来ないくらいの、かなり本格的なホラー映画にして、かなりの正統な映画になっているからである。

だいたいヒューマンドラマに死者や幽霊が出てきても、ただのキャラ設定にすぎない描き方になっている映画が圧倒的に多い。

またはホラー映画の中でヒューマンドラマが描かれても、それはホラー映画というジャンル内の人間ドラマパートという風に描かれることが圧倒的に多い。

しかしこの映画は、ヒューマンドラマに幽霊キャラが出てくるだけでなく、ちゃんと映画自体が本格的な正統派ホラー映画になっている。

同時に、正統派ホラー映画としての怖さが、そのままヒューマンドラマを突き抜けたものにも繋がっていく。

または、ヒューマンドラマを突き抜けていく怖さが、そのまま正統派ホラーとしての怖さにリンクして、それがそのまま正統派の映画的な映画そのものを体現していたりする。

死者が蘇る主人公の設定は黒沢作品だと『ニンゲン合格』を想起させるが、この映画とは、途中浅野が語る、”無意味なことは単に無意味なのではなく、無意味が世界の基本なのだ”という講話によって通底し合っているように思える。

特に、さっき懇意になった小松に、買い物中の深津が声をかけても無視され、その後不穏なものを感じた深津が、新聞配達店に戻ってから、ガッツリ本格ホラー映画のヤバさが顕現し出し、それがそのままヒューマンドラマに生成してしまう、シュールなまでに底の抜けた世界が視覚化されているのは圧巻である。

浅野忠信が”死んでいるのに生きている”人間を、自然体で演じているのは、ほぼ神技に近い。

それを受ける深津絵里が、いつも以上に、内にエモーショナルなものを秘めた演技をしているのも秀逸である。

また浅野の生前の浮気相手の蒼井優と、妻の深津が、対決的に対面する場面のスリリングなダイアローグも、皮肉で鋭い描写になっている。

村岡希美の死んだ妹に後悔の念を持っている姉のハマり役ぶり、または奥貫薫の死者の夫を断ち切れず、自身も死者のような存在感になっている姿態などなど、役者陣が皆脇の脇まで見事に個性豊かな好演をしているのも素晴らしい。

映画としての正統ぶりが、ヒューマンドラマを実に映画的に成立させ、それがそのまま本格的なホラー映画になっている。

その本格的ホラー映画としての怖さが、映画自体の正統性故の怖さでもあるという、なんとも得難いことを成立=達成している、極めて稀有な傑作と言える一篇。




2018/05/12(土) 00:30:08 その他 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1943-cf654b59