FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『虎狼の群れ』




藤原健一『虎狼の群れ』、

孤島の火浦島は、三つの組により均衡が保たれていたが、3年前、二つの組織間で麻薬の利権を巡り抗争が巻き起こった。

その際に、組の若頭、山下真司が殺されたことから、火浦署の刑事・菅田俊らは厳しい取締りを行い、一つの一家が解散する。

その後、時を経て、菅田の幼馴染の解散した組の若頭・小木茂光が出所してくるが、その頃、ある組織が暗躍し始める。

その組と対立する組織の組長・阿部亮平は、火浦島を守るためには抗争も辞さない覚悟だった。

火浦島に、3年前の抗争を繰り返す可能性が生まれ、菅田は新人刑事の忍成修吾と組んで、阿部と同じ心境で火浦島を守ろうとするが。




名バイプレイヤー・菅田俊の主演が嬉しい、刑事が主役のヤクザ映画。

今年、東映で柚月裕子原作の「孤狼の血」が映画化されるが、こちらはその原作を映画化しているわけではないものの、随所に似たような設定や場面が出てくる。

まずヤクザまがいの風貌で、刑事なのにジャガーを乗り回す菅田俊、
新人刑事の忍成修吾とコンビを組み、最初に菅田が、パチンコ店にいるチンピラに、忍成に喧嘩を売らせる場面、
行きつけの飲み屋に曰くありの女性がおり、広島ならぬ孤島の火浦島を守ろうと、刑事の菅田とヤクザの阿部が懇意にしている設定や、刑事の菅田とヤクザの小木が幼馴染という設定などなど、随所に、まるで「孤狼の血」を彷彿とさせる場面が出てくる。

東映映画化作の方は、役所広司と松坂桃李の刑事コンビが主役だが、なんとなく先取り感がある作品である。

キャスティングもいつものVシネマと少々違い、山下真司、渡辺いっけい、小木茂光、忍成修吾、松村雄基、大友康平他などなどが脇を固めている。

グラドルの葉加瀬マイが菅田の娘役かと思ったら妻役で、随分年の離れた妻役をやっているが(32歳差)、葉加瀬の前夫も小木茂光で、こちらもかなり年が離れており(26歳差)、葉加瀬は老け専かファザコン設定なのか?とすら思えてくる。(苦笑)

阿部亮平はチンピラ役が多いが、ここでは組長役で、中々貫禄を見せている。

葉加瀬が最初にあっさり死んでしまったり、抗争にイマイチ迫力がなかったりもするが、飯島大介の組長が痴呆症気味で呆け出しているという設定は、ちょっと新味だろうか。

いつもは脇役が多い菅田俊は、主役としての貫禄をバリバリ見せ、役にもよく合い、かなり存在感を出して好演している。

こじんまりしているが、悪くない一篇。 2018/04/07(土) 04:23:36 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1933-da9d27ed