FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『新網走番外地 嵐を呼ぶ知床岬』




降旗康男『新網走番外地 嵐を呼ぶ知床岬』再見、

末広勝治=高倉健は服役を終え、網走刑務所を出て、結婚する妹がいる東京へ向うが、途中の駅前の食堂で牧場同士の喧嘩に巻き込まれ、一方の牧場で働くことになる。

競走馬を作っている二つの牧場は、ダービー馬をめざすライバル関係で、敵対する牧場は、先代が不正事件を起こした死後、三人兄弟の山本麟一、今井健二、谷隼人が跡を継いでいた。

だが、健さんのいる牧場にダービーの有力馬が生まれたため、三兄弟はこの馬を奪おうとする。

そして三兄弟の牧場には、渡世人の安藤昇がわらじを脱ぐが、安藤は健さんを亡き親分の仇として狙っていた。

奪われたジープを奪還しに、健さんは三兄弟の牧場に行き安藤と出くわすが、そこで妹の結婚式に出たい健さんは、タイマンを3日間延期してもらい、3日後に戻らなければダービー馬を渡せという条件を出され、健さんのいる牧場側は了承する。

だが、妹の結婚式をすませた健さんを、三兄弟の手下が襲い、傷だらけで何とか戻り、怪我が回復した頃、健さんのいる牧場の主・三橋達也が、三兄弟の手下のダンプカーに轢き殺される。






末広勝治の新網走番外地シリーズの一作。

例によって、サラリーマン喜劇時代は健さんの同僚や仲間だった山本麟一や今井健二が極悪な敵役で、健さんの弟分の谷隼人が、最初は健さんと敵対するも、徐々に改心して善玉側に寄ってくる役どころを演じている。

この映画はキャスティングが、前に書いた『新網走番外地 吹雪のはぐれ狼 』とかなり被っている。

安藤昇は健さんを狙う刺客役だが、そう悪役的ではなく、寧ろまともな任侠ヤクザとして描かれている。

この辺りのライバル刺客キャラの設定も、網走番外地シリーズの頃からのよくあるパターンである。

玉川良一が浪曲を披露すると、自分よりはるかにプロ裸足な玉川に、健さんが脱帽するシーンは、何ともドキュメンタリーっぽいシーンだったりする。

健さんのいる牧場側の人間を、元任侠ヤクザの藤田進と牧場主の三橋達也が演じているが、三橋達也はイマイチ存在感が今回は薄い。

だんだん健さんに惚れていく三橋の妻、野添ひとみが一応映画のマドンナ役だろうが、またしても大してラブシーンはない。

例によって、由利徹や南利明のコメディリリーフがお約束のように挿入されている。

ダービー馬を奪おうと無茶苦茶してくる三兄弟の、後半の悪辣のエスカレートぶりも毎度のごとくかなり酷いが、しかしそれにより、ラストに健さんが怒りの殴り込みをかける任侠映画パターンに、説得力と臨場感が増している。

典型的なこのシリーズの映画らしい内容だが、わりと安定したプログラムピクチャーにちゃんとなっている一篇。 2018/03/31(土) 05:04:21 東映 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1931-48a690dd