FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『実写版まいっちんぐマチコ先生 無敵のおっぱい番長 タイマン勝負で、まいっちんぐ♪』




植田中『実写版まいっちんぐマチコ先生 無敵のおっぱい番長 タイマン勝負で、まいっちんぐ♪』、

あらま学園に、教師として採用された麻衣マチコ=相澤仁美は、初出勤日から寝坊をし、慌てて学園へ向かう。

登校中、二人の男子生徒は女生徒たちのスカートをめくりパンティメモを記録していた。

そこにやって来た相澤は、学園のスケバンの赤井沙希と舎弟が、小池唯をいじめている現場を目撃する。

相澤は赤井を叱るが、赤井は反抗的な態度で小池をいじめ続ける。

赤井が何故小池ばかりいじめるのか相澤には疑問だったが、相澤が介入することでイジメが酷くなったため、2年2組の担任の相澤は生徒たちから総スカンを食らう。

だが相澤は小池に赤井と戦うことを促す。





えびはら武司原作コミックの実写版シリーズの一作。

マチコ役を相澤仁美が演じている。

実写版のマチコ役は、歴代では磯山さやかが一番それらしいなと思ったし、森下悠里などもいかにもというキャスティングだと思ったが、相澤仁美のマチコ役はそうピッタリというわけではない。

しかし歴代ではマチコ役のベストだと思う。

やはりコミックのマチコの巨乳を強調した画のラインを、相澤はそのまま実現できている身体つきだから、実写化したことに無理を感じさせないのである。

この映画が公開された頃、相澤は巨乳グラドルとして売れに売れていたのにいつの間にか消えてしまったが、今見ても、やたら迫力ある巨乳を強調した動きは、そう古びていない。

マチコ役としてのコミック的な弾け方を、そのままその身体つきで体現出来ているというのは、この手のコミックの実写化としては、悪くないと思う。

まあお話はグダグダ、ユルユルの学園コメディでしかなく、それを最後の最後までショーもないオチで括っている他愛ないものだが、そのショボさをまったり見ていられる映画ではある。

大したことはないが、村木藤志郎の校長が元伝説の番長だったり、スケバンの赤井沙希の舎弟アベが子供だったりするところは、ちょっとだけ捻りがある。

ユルいコメディだが、まあまあな感じの一篇。 2018/02/13(火) 00:06:28 その他 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1918-94c897d4