0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『ファイナル・デッドサーキット』




デヴィッド・R・エリス『ファイナル・デッドサーキット』再見、

ボビー・カンポは、ガールフレンドのシャンテル・ヴァンサンテンや友人たちと来ていたサーキット場で、レーシングカーがクラッシュして炎上し、サーキット場が大惨事になり、観客が死にまくる予知夢を不意に見てしまう。

そのことを半信半疑の周りにいた人々に話してサーキットを離れたので、なんとか難を逃れたが、逃げおうせた人々に次々と死の運命が襲いかかり、皆死んでいく。

カンポは先回りして、なんとかその死を食い止めようとするのだが。




『ファイナル・デスティネーション』シリーズの4作目。

第2作『デッドコースター』の故デヴィッド・R・エリスが監督したアクションホラー映画。


テンポのいい展開で描かれているので、飽きさせない映画ではある。

なんとかサーキット場での災難からは、ボビーの予知夢のおかげで逃れたものの、その後に迫り来る死の運命からは逃れられず、人々がどんどん偶発的に殺戮されていく、その殺戮の連鎖が展開のメインである。

賛否両論だが、小ネタ満載のホラーコメディとして見れば、アラは多少あっても隙のない展開の面白さで見ていられる映画である。

殺戮場面はホラースプラッタであると同時にホラーコントだし、そのぐらい肩の力が抜けた作りになっている。

すでに4作目だし、このぐらい軽妙な展開で別にいいと思う。

これは「トムとジェリー」のホラー・スプラッタコントバージョンだし、サーキット場で災難から逃れた人々が殺されていくスプラッタ描写は、ジェリーを追いかけるトムが巻き込まれる惨事の数々とかなり似ている。

それに日常に溢れているモノの、ちょっとした不備が、徐々に惨事や殺戮に繋がるという描写は、昔ヒッチコックが得意とした描写であり、それを深刻なスリラーにせず、テンポのいい「トムとジェリー」的コントな、ホラースプラッタに軽妙に仕立てたところには中々芸があると思う。

ハリウッドのシャレだらけの映画であり、そのシャレがバカバカしくも面白く、ところどころスプラッタらしくグロければ、それでいい映画だと思う。

そんな中々楽しめる一篇。 2018/01/30(火) 00:48:17 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1914-6561f3a9