FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『必殺仕掛人 梅安蟻地獄』




渡邊祐介『必殺仕掛人 梅安蟻地獄』再見、

鍼医者の梅安=緒形拳は、ある夜、浪人、林与一に本道医師の宗伯=小池朝雄と間違われ襲われるが、人違いと気づいた林はそのまま消える。

その後、梅安は仕掛の元締の山村聰から、伊豆屋長兵衛=佐藤慶の仕掛を頼まれる。

伊豆屋はここ数年で江戸に来て金持ちになった謎の人物だったが、梅安が伊豆屋と宗伯の密会を張り込んでいると、先日の浪人・林も宗伯を見張っていた。

実は浪人・小杉十五郎=林は、女郎の母を犯し自殺させた宗伯を狙っていた。

その後、宗伯と伊豆屋の過去がわかり、伊豆屋は元々侍で、藩の政権争いで、二人の家老のために宗伯から毒薬を入手して藩主を毒殺し、侍をやめてからは、家老から金を強請っていたのだった。

実は伊豆屋の仕掛の依頼主は、その強請られている家老だった。

だが伊豆屋は自分たちが狙われていると知り、宗伯を逃がして、他の仕掛人に梅安と小杉の仕掛を頼む。

梅安の家に蟻地獄のような罠が仕掛けられ、梅安と小杉は窮地に陥るが、元締めが助ける。




必殺シリーズ初期の劇場版作品。

藤田まことの中村主水の前の「必殺仕掛人」は、TVでも藤枝梅安役が緒形拳だったが、それをきっちり劇場版でプログラムピクチャーにしている作品である。

随所にコミカルな描写を規則的に入れており、その規則性がお話の展開のリズムにもなっている。

最初は勘違いから対立関係だった梅安と小杉が徐々に仲間になっていくが、仕掛人は後の中村主水の仕置人と違って、安定したチームプレイの天誅的ヒーロー集団ではなく、それぞれが明日をも知れぬ命を賭けて仕掛をする人間臭い殺し屋たちであり、そうした側面も明確に描いている。

悪役の小池朝雄は、ネチっこい小悪党役にさすがによく似合い、佐藤慶もクールで非情な悪人ではあるが、弟の小池には情も見せ、単なるラスボスではない、わりとヒューマンな悪役として描かれている。

寧ろ、主役の梅安や小杉などより、悪役のヒューマンドラマの方が色濃く描かれているという印象が強いのも、「必殺仕掛人」らしいと言えるし、劇場版らしいとも言える。

緒形拳の梅安役はさすがにハマり役で、その他、林与一、山村聰、津坂匡章(現・秋野太作)らも役によく合って好演しており、映画自体、中々よくまとまった出来の一篇。 2018/01/13(土) 02:31:28 松竹 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1909-54c02a65