0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『哀しき抗争』




すぎやまたろう『哀しき抗争』、

勢力拡大を目指す関東木川田会と、共存共栄志向の穏健派の京北連合一家が対立し、関東は真っ二つに割れようとしていた。

関東の相談役・伊吹吾郎がそんな状況の調整をしようとするが、根本的な解決には至らなかった。

その頃、京都の板前・松田一三は、伊吹が危篤だと異父弟の金子昇から聞いて、久しぶりに上京する。

実は松田と金子は幼い頃、伊吹に拾われて育てられたのだった。

伊吹は危篤というほど悪くはないが入院していたが、それにより関東木川田会四代目会長の武田幸三は、邪魔な伊吹を抹殺する絶好の契機を得る。

抗争が激化する中、松田も状況に巻き込まれて行く。




主演の松田一三が企画にも関わっている作品。

武田幸三がさすが元キックボクサーらしく、迫力のある組長役を好演しており、子分やチンピラより組長が一番武闘派で凶暴そうというキャラにぴったり合っている。

演技も中々悪くない。

しかし松田や金子と伊吹の回想シーンが妙にダラついていたり、あまりにも手薄な入院している伊吹の警備態勢などが不自然すぎたりと、どうにもピリッとしない出来である。

別に他の役者陣がダラダラ演じているということなど全くないのだが、武田幸三ほどには気魄に満ちたものが感じられず、それはたぶん、伊吹や渡辺裕之を妙にほのぼのしたキャラに描きすぎているからそう見えるのだろう。

その辺りの緩急のバランスが悪く、妙にダラついて見えてしまうところが残念である。

松田一三はそう悪くなく、カタギだが筋の通った奴感をきちんと出しており、主役足り得ている。

しかし全体に漂う、如何ともし難いダラつきやヌルさが、映画から緊張感を奪い、緩急のバランスをも崩してしまっている。

脇でサヘル・ローズや水沢アキが出ているキャストはちょっと意外だが、どうにもイマイチピリッとしない感じの一篇。 2017/12/26(火) 02:02:18 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1902-0f74da63