0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『不純な制服 悶えた太もも』

竹洞哲也『不純な制服 悶えた太もも』再見、

卒業式当日、女子高生のAya(福永あや)はラブホテルで援交することでそれを卒業記念とする。

卒業後に当てもないAyaは、幼馴染の松浦祐也と共に、服役中の兄貴分の石川雄也が残した銃でヤクザ事務所に強盗に入り、つまらない日常を打破しようとする。

松浦は本当は乗り気じゃなかったが、Ayaに気があったため渋々片棒を担いでいた。

二人は強盗をする前に借金のことで頭が一杯の人妻・田中繭子を引っ掛けたため、仲間に加えていた。

その後田中には口止め料を払い、Ayaと松浦は、鉄砲玉としての仕事をして服役中の兄貴分・石川から、恋人の青山えりなに手紙を渡してほしいと頼まれていたので、青山のいる日本海のとある町へ行く。

その頃、ヤクザの世界で「生け捕り屋」と呼ばれる吉岡睦雄と世志男の二人がAyaらを追っていた。

二人は借金を一気に返した者を調べ、田中に近ずいて、Ayaと松浦の行方を追う。





犯罪映画的な設定の恋愛青春映画。

終始Ayaの行動が無茶苦茶に見え、なんだか物語自体がAyaの無茶な行動に振り回されているようにも見えるが、Ayaがそういう役どころを極めて自然に演じているので変な無理がない。

またAyaは同時に、意外と義理堅いキャラでもあったりする。

後半はダラダラしたロードムービー的な展開に生け捕り屋の二人がコミカルな殺し屋のように登場し、なんだかAyaとダブル主演みたいにも見えてくる。

また終盤に入るとメロウな青春恋愛映画の様相も呈して、中々情緒ある映画になって終わっていく。

特に日本海に面した町の景色が、徐々にAyaや松浦の心情と重なっていき、独特の叙情が映画終盤に拡がっていく辺りは秀逸ですらある。

コミカルさとユルさとドラマ的な絞り込みのバランスが、一見そうは見えないが、わりと取れていて、元々そういう按配がうまい竹洞哲也らしさがよく出ている作品とも言える。

Ayaや松浦祐也だけでなく、田中繭子=佐々木麻由子も、生け捕り屋の二人も、皆キャラが立っているので、唐突な描写が多かったりダラダラしているわりに面白く見られる。

中々悪くない青春恋愛映画の佳作な一篇。
2017/10/21(土) 00:06:25 その他 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1883-fa042e4c