FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『ネイビーシールズ:オペレーションZ』




スタントン・バレット『ネイビーシールズ:オペレーションZ』、

ルイジアナ州ニューオーリンズにアメリカ副大統領が遊説に来るが、急に音信不通状態になり、バージニア州ダムネックの海軍司令部に救援要請が出される。

副大統領救出の指令を受けたネイビーシールズ隊員たちは現地へ出向くが、そこにはゾンビが大量にいて苦戦することになる。

世界最強の精鋭部隊ネイビーシールズは、副大統領救出のため、ゾンビの大群と戦うが。





アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズ対ゾンビの大群の戦いを描いたアクション映画。

しかしネイビーシールズの良さもゾンビ映画の魅力も何も出ていない中途半端作である。

監督のスタントン・バレットは、元々レースドライバーやスタントコーディネーターらしいが、そういう人の監督作特有の派手なスタントの見せ場がそうあるわけでもなく、ひたすらどこが世界最強の精鋭部隊なのか?と言いたくなるほどモタついたネイビーシールズの戦いぶりと、ゾンビ軍団の大して芸もない単調な襲撃や安いCG場面が描かれるばかりで、さっぱりダメな映画である。

だいたいゾンビ映画のパイオニアであるジョージ・A・ロメロの『ゾンビ』にしてからが、そこらの一般人がゾンビ軍団に対して、ショッピングモールを舞台にした大規模なシューティングゲームか市街戦並みの派手な銃撃を繰り広げていたのに、世界最強の精鋭部隊であるネイビーシールズが、単調な襲撃しかしないゾンビ軍団相手に、それより遥かにショボい戦いぶりでしかないという点でこの映画は終わっている。

ネイビーシールズは面倒臭い命令系統にゴタゴタするばかりで終始要領を得ないことを繰り返しているし、それでゾンビがかなり強力ならまだ話もわかるが、大して迫力もない普通なゾンビ軍団が単調に暴れるばかりなのに、ひたすらモタついているネイビーシールズが描かれるばかりである。

最後はネイビーシールズ隊員の勇敢さを讃えて終わるが、まあそれはそれで称賛するのは結構なのだが、しかしその前のゾンビ軍団との戦闘場面がイマイチなので、どうにもせっかくの隊員の称賛に感動が薄いというか、盛り上がりに欠けてしまうのが残念である。

ネイビーシールズのモタつきぶりが、リアリティーを追求してそうなっているなら、まあそれはそれで絵空事を描いていないリアルさとして評価もしたいが、しかしただ作劇がモタつき、ゾンビ軍団の描写に工夫もなく、ただ単に映画がヘタなだけとしか言いようがないのでどうしようもない。(苦笑)

そんな中途半端な残念作の一篇。 2017/10/17(火) 00:06:43 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1882-e539ccc8