0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『散歩する侵略者』




黒沢清『散歩する侵略者』、

長澤まさみは、数日間行方不明だった夫・松田龍平が、別人のような態度になって帰ってきたことに戸惑う。

松田は奇妙なことを言いながら、毎日どこかへ散歩に出かけるようになるが、たまたま来ていた長澤の妹・前田敦子は松田と接した途端、長澤に不可解なほどによそよそしくなる。

町では一家惨殺事件が起こり、女子学生の恒松祐里が行方不明になっていたが、取材を進めるジャーナリストの長谷川博己は、自分を宇宙人だと名乗り、地球を侵略に来たと言う高杉真宙に出会い、行動を共にするうちに徐々に異様な事態に気づく。

国家が動き出し、かなり不穏な空気に包まれだした頃、長澤は松田から「自分は地球を侵略しに来た宇宙人だ」と告白される。





黒沢清監督が劇作家・前川知大の劇団イキウメの人気舞台を映画化した作品。

終始ヘラヘラしている上にクソ偉そうな侵略者の二人、恒松祐里と高杉真宙には、正直ずっとムカついた。

しかしいかにも黒沢清映画らしい演出で描かれているし、ムカつくほど人間の常識が通用しない常軌を逸した存在として侵略者を描いているようにも思え、見た目がモンスターのような宇宙人も宇宙船も出てこない中で、逆に侵略者としての宇宙人=モンスターのリアリティを追求しているような気もしてくる。

長澤まさみの反応の不自然さにも失笑させられる場面が随所にあった。

特に長澤が、松田龍平が地球を侵略に来たことを長谷川から知らされた後、車の中で、侵略に来たことを何で言わなかったのかを松田に聞く場面など、まるで会社をリストラされたことを何で言わなかったのかと旦那に聞いてる妻のような言い方で、ことは地球侵略話なのに、そのあまりに日常的な会話ぶりには失笑するしかなかった。

しかし黒沢監督のことだから、人類存亡の危機を日常会話的な演出で描くというのも、ワザとやっているような気もしてくるが。(それにラストへの伏線になっているとも思える。)

ただ、侵略者は人間の身体を転移し、乗り換えていくらしいのだが、それでも銃撃すれば肉体は死ぬのに、国家側がそれを中々しないのはご都合主義にすぎる。

その上、二人の侵略者は地球侵略の準備が整ったからと、最後のツメもしないで、身体が破壊された後、他の人間の身体に乗り換えもせずフェイドアウトするのだから、乗り換え設定は結局全く使われないままだったりする。

国家側の上層部も笹野高史一人だけに代表させているショボさで、ちょっと国家側の描写が薄すぎる気もする。(まああまりそっちを大仰に描くと、ドラマ的に焦点がボヤける難点も生まれるから難しいところだが)

また誰もが、見も知らない子供の身体の侵略者に屁理屈並べられて「想像しろ」と言われると、皆がイチイチ言いなりになって侵略者に人間の概念を奪われるというのも不自然すぎるし、この設定は、どうにも黒沢監督の「CURE」の可愛らしいパロディコントみたいにも見えてくる。

長谷川博己は侵略者のサンプルとして生き延びたくて最後人類を裏切ったのかもしれないが、その辺りの描写も不明瞭である。

ただ長谷川博己は黒沢清映画似合うなとは思ったが。

地球侵略に関し、最新の科学データや知識を披露して、もっともらしくリアリティを積み重ねようとは全くしていないし、侵略者の侵略装置もいかにもハンドメイドな見た目で、理工系ではなく、文系のSFを思わせる。

ただ途中ちょっとだけ出てくる東出昌大の牧師にはかなり存在感があり、全体的に60年代のB級SF映画か、SF短編みたいなテイストがいい味わいになってはいる。

この映画は松竹映画(&日活)だからか、ついついかっての松竹SFホラー『吸血鬼ゴケミドロ』『吸血髑髏船』『昆虫大戦争』の末裔的作品にも思えてくる。

黒沢映画らしい不気味な影の描写も、かなり不穏な気配を漂わせていて健在である。

また、ハリウッド黄金期の恋愛喜劇映画みたいなサントラを、殺伐としたシーンでも流すセンスも悪くない。(その他ハリウッド黄金期にアンソニー・マンとかが昔よくやっていたような、屋内と屋外をワンショットで捉えて、そのままカメラを移動してワンシーン、ワンカットとして撮ってしまう古典的な描写の場面も良かった。)

それに何と言っても、荒唐無稽な設定のお話をかなり不思議な蛇行した展開で描いているので、そこそこ長い上映時間なのにまるで飽きさせないのも秀逸である。

そして、この映画の最大の美点である、最後のオチの、実にさらりとした見せ方=終わり方はもう素晴らしいの一言だったりする。

このラストのオチを見て、長澤まさみの妻役がいかに適役だったかがよくわかった。

ここからは、ややネタバレになるが、
結局、この映画は「愛は、地球を、人類を救う」という映画だと思う。

それも長澤まさみの愛の概念が人類を、地球を救ったのだろう。

侵略者松田龍平は、長澤から愛の概念を奪うのだが、たぶんその瞬間、侵略者松田に愛の概念が充満し、それが地球侵略をやめさせたのだろう。

長澤まさみは夫の松田が侵略者であり宇宙人だと知っても、松田から離れず、松田を救おうとしていた。

その場面は地球侵略話をしているのに、あまりにも日常的すぎて、失笑してしまったことは先に書いたが、しかし実は、この失笑を誘うほどの長澤の「日常的な愛情の概念の方が地球侵略なんぞより上」という価値観が、それを奪った侵略者を変貌させてしまったのだから、先の長澤の不自然にも見えた対応は、やはりラストへ向けての伏線だったのだろうと思う。

ラスト、愛の概念を、まるでかっての侵略者たちのように失った妻・長澤のそばで、逆に愛の概念を長澤と入れ替わりで移植された元侵略者の夫・松田が「ずっと一緒にいる」と言ってエンドとなるが、やはりこのさらりとした終わり方というか、ラスト一言で多元的に全てを語るオチの見事さに救われている映画だと思う。

そういう意味では、結局中々の佳作になっている一篇。 2017/10/10(火) 03:15:31 松竹 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1880-03271f06