FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『破門組 Ⅱ』




金澤克次『破門組Ⅱ』、

破門組の組長・原田龍二は、木更津で暴れる若いチンピラギャングにヤクザ組長の堀田眞三が殴られたため、堀田の依頼でギャング一派を懲らしめるが、ギャングのリーダーは巨大組織組長の実子だった。

破門組はその組長に慰謝料と組長引退を要求する。

しかし次にまた堀田の依頼で、破門組の木村圭作が中国人の悪党組織を退治に行くも、これは罠で、相手はチャイニーズマフィアとプロの殺し屋であり、実は大組織による報復だった。

圧倒的な結束力の破門組に危機が迫る。




破門組シリーズの2作目。

破門組の面々はクールなリーダー原田龍二をメインに、マッチョな松田優、武闘派の木村圭作、男色の宮本大誠、ダンディな川本淳市と皆キャラが立っていて、それぞれがコミカルな上に魅力的なチームだが、2作目では大組織に靡いた堀田の裏切りに遭い、窮地に陥る。

結束力の強いチームなのだから、危機になっても、まあ一人一人死んで行く終わり方を想像させたのだが、しかしながら、なんとチョロっと出てくる大組織の藤巻潤に言いくるめられて、破門組のメンバー2人が最後に裏切り、結局メンバー同士で殺し合って、破門組崩壊でエンドとなる。

一応生き残った原田と、原田を逆恨みしていたのに、不本意ながら原田を助けた中丸シオンの二人が新たな破門組ということになって終わるのだが、別にテキトーに寄り集まってるヤクザの愚連隊の結末が内部分裂の殺し合いで終了ならそう意外でもないが、破門組はまるで特撮戦隊ヒーロー集団並みにメンバーがそれぞれコミカルにキャラ立ちしてまとまっていただけに、なんとも意外な終わり方だなとは思わせる。

尚、パッケージの大沢樹生は文字通りの友情出演で、チョロっと出てくるだけである。

後半はわりとハードなアクション展開になる、一応捻りはある一篇。 2017/10/07(土) 00:06:28 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1879-bfbfd401