FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『敵は本能寺にあり』

大曽根辰保『敵は本能寺にあり』、

明智光秀=松本幸四郎(初代 松本白鸚)は、信長=田村高廣から丹波国の平定を命じられ、その時、丹波八上城の波多野兄弟を降伏させるが、光秀は自分の母を人質にして、波多野兄弟を助ける約束をする。

しかし信長は兄弟を磔刑にしてしまい、光秀の母は、約束破りに怒った波多野の家臣に殺されてしまう。

悲しみに暮れる光秀だが、信長にはそれから手厚くもてなされるようになるも、ライバルの羽柴秀吉=河津清三郎はそれに嫉妬していた。

だが、光秀のすでに恋人がいる娘を森蘭丸=松本万之助に嫁がせるように言う信長の命令を断ったために、光秀はまた信長の逆鱗に触れ、冷や飯を食わされる扱いを受ける。

その後、光秀は事あるごとに信長から辛い扱いを受け、徐々に信長への怒りをたぎらせていく。




池波正太郎のオリジナルシナリオを映画化した、明智光秀を主役にした戦国時代劇。

松本白鸚が光秀で、田村高廣が信長なのに、秀吉役を悪役多しの河津清三郎が演じており、つまりこれは一番狡猾な悪役を秀吉にしている解釈の映画である。

実際河津の秀吉はヘラヘラしながら、光秀を陥れるようなことばかりやり、そのくせ最後は信長の仇を討った良き家臣顔する狡猾な存在として描かれている。

光秀は信長の無理に振り回されながらも、飲めない話は拒否するのでその度に信長を怒らせ、冷や飯を食わされるが、信長の冷遇が度を越し始めて、とうとう追い詰められた光秀が信長を討つに至るという風に展開する。

光秀が信長に追い詰められる度、まるで舞台劇のように、光秀にだけスポットライトが当たり、周りは暗転するのが効果的で、わりとメリハリの利いた映画にしている。

また信長に追い詰められ、それに耐えに耐えながらついに本能寺襲撃に至るプロセスにもわりとメリハリがあるので、そこに醍醐味がある映画になっている。

光秀役の松本白鸚が耐えに耐える悲劇的な役どころを好演しているし、田村高廣の信長役も中々いいが、信長は別に完全な悪役という風でもなく、実は秀吉以上に評価している光秀に良かれと思ってやることが逆に光秀を苦しめる結果となり、それ故にだんだん光秀とソリか合わなくなってくる存在として描かれている。

だからこの映画ではやはり、秀吉が一番狡猾な悪党として描かれ、結局信長も光秀も秀吉の狡猾さに踊らされて破滅していくという展開である。

脇に淡島千景、岸恵子などを配し、徳川家康役を嵐寛寿郎、悪役として描かれる森蘭丸を中村万之助時代の中村吉右衛門が演じていて(光秀役の松本白鸚は父)中々の豪華キャストである。

光秀が信長を討った真相は、光秀の子孫の人の研究では、実は信長は、徳川家康を本能寺に呼んで光秀に討たせようとしていたが、光秀はその話を聞いて、そのうち明智一族も滅ぼされると思い、家康と光秀の談合の結果、本能寺の変に至った、という新説がある。

また近年見つかった文書から、信長が四国の長宗我部氏への対応を変えたことから、長宗我部氏の交渉役だった光秀が面目を失い、追い詰められた光秀が本能寺の変を起こしたとする「四国説」が浮上し、実は光秀は足利義昭と組むことを構想していたのでは、という説も出て来ている。

まあ戦国武将の解釈はどうしても中心に見る武将によって見方が変わることがあるので、他の戦国時代劇ではこの映画ほど光秀を人間的かつヒロイックに描いてはいないように思う。

しかしいずれにしても、光秀が信長に追い詰められたという部分は共通しているから、追い詰められ方には諸説あっても大筋ではこんな感じだったのかもしれない。

また秀吉を意図的に悪役として描いているのは、オリジナルシナリオを書いている池波正太郎の意図なのかもしれない。

戦闘場面にもわりと臨場感があるし、中々メリハリの利いた、スッキリした出来の秀作な一篇。

2017/10/03(火) 00:06:14 松竹 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1878-42bf1ae9