FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『リディック・ギャラクシー・バトル』




デヴィッド・トゥーヒー『リディック・ギャラクシー・バトル』再見、

リディック=ヴィン・ディーゼルは、ネクロモンガー族の最高位に就いたが、司令官のカール・アーバンの策略により、知らない惑星に置き去りにされる。

その惑星は灼熱の大地が広がる上に、凶暴な水棲エイリアンやモンスターが襲いかかってくる最悪の星だった。

エイリアンとの戦いに苦戦しつつ、リディックはなんとかこの星から脱出しようと、シェルターで見つけた非常用無線を発信して、指名手配されている自分を捕まえるためにこの惑星にやって来る賞金稼ぎたちの宇宙船を奪おうと計画する。

賞金稼ぎ軍団とリディックの対決が始まるが。




ヴィン・ディーゼル主演のリディック・シリーズ3作目。

戦闘能力高いリディックが、冒頭凶暴なモンスターやエイリアンに苦戦し、随分追い詰められるが、この場面は台詞がなく、言語無き原始的な空間でリディックにモンスターやエイリアンが襲いかかるばかりのシーンが描かれるが、原始的なワイルド空間にサイレント映画的な原始性が重なり、中々映画としての魅惑が煌めく冒頭描写になっており秀逸である。

こんな描写が全編続けば中々得難い傑作になったようにも思うのだが、しかし賞金稼ぎたちとの戦いが始まると徐々にありがちなSFアクション映画のパターンやテンプレにハマりだし、挙句ラストは妙に腰砕けで取って付けた中途半端な終わり方となりちょっと残念である。

リディックの過去の話も絡むが、それが物語に深みを与えているともあまり言い難い。

やはりリディック以外の人間が出てきてからの描写がイマイチ失速気味で、冒頭のリディック以外はエイリアンやモンスターだけの場面のサイレント映画的描写の緊迫感が薄れたのが惜しい。

別にヴィン・ディーゼルはリディック役に似合っているし、エイリアンやモンスターにも生々しい迫力があるのだが、冒頭の描写がいいだけに、後半の人間同士の疑心暗鬼を描いた部分のサスペンスがイマイチとなり、全体に尻つぼみ感というか失速感を感じざるを得ない映画になってしまったのが残念である。

それでもそうつまらない映画というわけではなく、不穏な気配の惑星で展開が二転三転するSFサスペンスアクション映画にはなっている、まあまあな出来の一篇。 2017/09/30(土) 00:06:21 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1877-e19dbfac