FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『ロシアン・スナイパー』




セルゲイ・モクリツキー『ロシアン・スナイパー』、

1941年、ナチス・ドイツはソ連に侵攻するが、大学生のリュドミラ・パブリチェンコ=ユリア・ペレシルドは、女性ではあるが天性の射撃の才能があり、それが注目されてスナイパーとなり、戦場に行くことになる。

ユリアはナチス兵を多く狙撃し、ナチスに”死の女”と呼ばれ恐れられる。

だがソ連軍上層部には英雄扱いされるのと同時に、戦意高揚の象徴として利用されるようになっていく。

敵を狙撃する任務を遂行しながらも、ユリアは戦場で恋をするが、しかし戦地で恋人は戦死してしまう。

戦況はその後悪化し、ソ連軍は要塞に追い詰められていき、10カ月間の攻防戦を繰り広げることになる。

ユリアも失意の中奮闘するが。




旧ソ連に実在した女性スナイパー、リュドミラ・パブリチェンコを描いた実録映画。

リュドミラの波瀾万丈な人生を描くと同時に、派手な戦闘場面も中々の迫力で描かれている。

だから実録映画であることを途中つい忘れて、荒唐無稽なまでに天才的な、”死の女”とまでナチスに怖れられる凄腕の女スナイパーの死闘を描いたエンターテイメントな戦争アクション映画にもだんだん見えてくるのだが、しかしリュドミラの過酷な人生や生な息吹、女としての恋情や愛する者を失った哀しみが痛々しいまでにリアルに描かれてもいるので、やはり実録映画としての重みが、まるで重低音のように響いてくる映画になっている。

そういう意味では、映画としての見せ場は派手だが、中々厚みのある作品である。

リュドミラ役のユリア・ペレシルドは哀愁と内なる強さが同居した、まるで”さそり”を演じていた時の梶芽衣子のような個性が役によく合い、恋愛描写もわざとらしい色恋挿話を描いたりせずに、直観的に男女が戦場で結ばれていくダイレクトさには自然さがあり、それが荒々しくも壮絶な戦場における恋愛というものをリアルに体現しているように見える。

ロシア映画なのに、反戦映画的だったり当時の軍部の狡猾さを捉えた描写が随所に明確にあるのには、よく検閲されなかったなとちょっと驚いたし、アメリカ側がリュドミラにかなり理解を示し、元アメリカ大統領夫人のエレノア・ルーズヴェルトとの交友が描かれる場面もあり、と元々こちらが想像していた、ロシア側にとって国家的に都合がいいだけの英雄を描いた映画ではないところは中々いい。

リュドミラはナチスを大量に殺した英雄ということかもしれないが、しかしそこには大量虐殺をやったナチスを、同じく大量に殺した死の女の重苦しさの気配がかなり出ていて、とても英雄の映画には見えないリアルな痛々しさが漂っている。

人間ドラマとしても派手な戦争アクション映画としてもよく出来ている、わりと秀逸な一篇。 2017/09/23(土) 00:06:08 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1875-be0557f8