FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

追悼 ハリー・ディーン・スタントン




ハリー・ディーン・スタントンさんが亡くなった。

91歳と長生きされたが、実にアメリカ映画的な顔立ちや存在感の名優だった。

やはり主演作『パリ・テキサス』での名演の印象は強く、また世間的にも代表作であろうが、主に脇での活躍が多かった名バイプレイヤーだった。

『断絶』『ストレート・タイム』、『レポマン』『エイリアン』などでも印象深い好演を見せ、デヴィッド・リンチ映画にはその個性や存在感がかなりよく似合い、常連俳優だったが、ある意味ハリー氏の存在感というのはリンチワールドの一角を占める構成要素だったような気がする。

特にアメリカ郊外の田舎町にいる、リアルだが妙に癖のあるアメリカ人役がリンチ映画では特に映えていた気がする。

『ワイルド・アット・ハート』や『ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間』でも良かったが、珍しく何も起こらない長閑なリンチ映画『ストレイト・ストーリー』でも、アメリカの農村地域にハリー氏が何気なく登場するだけで、妙にアメリカの田舎町の狂気の気配が漂い、長閑な映画に不思議な緊迫感の亀裂が入っていた。

その他、『フール・フォア・ラブ』『スラムダンス』や、近年でも、前にここでレビューを書いた『セブン・サイコパス』他などで好演していた。

アメリカ映画の魅惑を体現していたような名優だった。

ハリー・ディーン・スタントンさん、ご冥福をお祈り致します。





2017/09/19(火) 00:06:59 R・I・P トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1874-6fca4cd0