FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『裏切りの仁義』




片岡修二『裏切りの仁義』、

大組織傘下の組長・白竜は、経営する闇カジノで暴れるヤクザを叩きのめした客の品川祐が、仕事がないので組に入れて欲しいという希望を受け入れ、品川を組に入れる。

だが実は、品川は大組織壊滅の指揮を取る木村祐一の警部に送り込まれた潜入捜査官だった。

木村と品川は教会で落ち合い、いつも連絡を取り合っていく。

ある日品川は、チンピラに絡まれている川村ゆきえを助けるが、彼女は白竜が行くクラブのホステスで、自然と2人は付き合うようになる。

品川が潜入して1年が経った頃、大組織の若頭・隆大介の組に賊が押し入り、賊はある情報を入手するが、その後警察はその情報から隆を逮捕する。

かねてから組織内で対立していた隆の逮捕によって、組織は白竜とは懇意の菅田俊に任せられることとなり、白竜らは喜ぶも、しかし決して漏れるはずのない情報が漏洩したことや、賊が入ったことを怪しんだ白竜は、品川や菅田の子分を呼び出し、賊の正体を探るが。




ヤクザと潜入捜査官を描いた作品。

品川祐はこの手の役はわりと合うので、随分カッコイイ役をやってるなとは思うものの、潜入捜査官とヤクザの間で揺れる役どころを中々好演している。

大組織壊滅を狙う警部役も同じく芸人の木村祐一だが、こちらも風貌が警部役には合っているので、固い芝居だが悪くない。

後半には川村ゆきえの意外な正体も発覚するが、まあそう意外性のあるドラマというわけでもないが、それなりにミステリアスな展開にはなっている。

片岡修二作品にはピンク映画時代から常連の下元史朗がこの作品にも出ており、どっちつかずのセコいヤクザ役を演じている。

その他、阿部祐二が現在の本職と言える中継レポーター役で特別出演し、諸星ダン=森次晃嗣も出ている。

基本、白竜と品川の関係性がお話の中心であるが、白竜には親分らしい貫禄があり、品川にも真面目なところがあるチンピラ風のテイストがあって、潜入捜査官とヤクザの間の葛藤のドラマがそう不自然さもなく描かれている。

白竜に品川の正体がバレて以降の展開が終盤に少し描かれて終わっていくが、全体的にわりと簡潔かつスッキリした出来である一篇。 2017/09/05(火) 00:06:33 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1870-09305fd9