FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『民暴2』




貝原クリス亮『民暴2』、

木下ほうかは上司に不正を強要され、それが嫌で役所を辞め、たまたま助けた白竜のヤクザと知り合ったことで、カタギを守るヤクザ案件専門のコンサルタントを始める。

恋人の弁護士の紗綾と白竜の協力を経て、いくつもの案件を解決していくが、白竜がバックにいることから警察は木下に睨みを効かし
、白竜と対立する組には狙われ、ある時、中年のしがない鉄砲玉の仁科貴に一緒にいた紗綾が刺される。

復讐に燃える木下は、報復の実行部隊である白竜の子分に混じって自分も手を汚して紗綾の仇を取ろうとするが。





ドラマやTVバラエティーでの嫌な上司役でブレイクした木下ほうかが主演の、シリーズ2作目。

元々この手の題材では嫌な刑事やヤクザ役が脇で多かった木下だが、類似するキャラでTVでブレイクすると、その後温厚な善玉キャラになって主演するというのも不思議な話だが、まあ役者として、ちょっと出世した主演作という感じである。

基本は善玉ヤクザの白竜、木下側が悪徳ヤクザと対決し、そこで木下がメインで活躍するという勧善懲悪的展開である。

とは言え、白竜側は報復するとなったら容赦なく殺しまくり(紗綾は怪我で済んだのに)、仁科貴が父・川谷拓三が生前得意としたような、しがない中年のうだつの上がらない、気の弱い鉄砲玉役を好演しているものの、そんな訳ありな仁科すら容赦なく殺してしまうほどで、白竜自体も大組織の中で親分の成瀬正孝に怖れられる凶暴なキャラとして描かれている。

ただ紗綾の復讐のため、自ら報復の実行部隊に入りたがった木下が、金に困って紗綾を刺した仁科の残された大村渓の妻や子供のために、金を届ける温情描写を最後に入れてはいるが。

恋人関係にある紗綾と木下がイチャつくシーンには、まるで木下がアドリブかまして紗綾が笑いを堪えながらやり取りしているような素の感じが出ていてちょっと面白いが、全体的にはまあまあな一篇。 2017/08/19(土) 00:06:39 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1864-51f4063d