0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『ブラックブック』




ポール・バーホーヴェン『ブラックブック』再見、

スエズ動乱直前のイスラエルにて、教師のカリス・ハウ・ファウテンは、オランダから観光旅行に来た女性と再会し、戦争時代のことを振り返る。

1944年、オランダが第二次世界大戦ナチス・ドイツ占領下にあった時代、若いユダヤ人歌手カリスは隠れ家で暮らしていたが爆撃に遭い、バラバラになっていた家族と一緒に占領されていない地域へ船で逃げるが、何者かに裏切られ、いきなり出現したドイツ兵に家族を皆殺しにされ、金品まで奪われる。

カリスは家族の復讐を誓い、レジスタンスに加わって、名前を変えてユダヤ人である事を隠し、ドイツ軍に潜りこむ。

そこで美貌と美声を武器にセバス・チャン・コッホの大尉の秘書になり、スパイ活動を始めるが。





ポール・バーホーヴェン監督が23年ぶりに故国オランダに戻って、かなりの制作費をかけて撮った戦争サスペンス映画。

基本は家族をナチスに殺されたユダヤ人女性歌手の復讐譚であるが、その途中、裏切りに次ぐ裏切りのスパイ戦あり、恋愛ドラマあり、はたまた活劇あり、といった様々な要素が盛り込まれている。

しかし、バーホーヴェンは幼少期に、この映画と同じ、第二次世界大戦下のオランダのハーグで暮し、そこでオランダ人の味方のはずの連合軍がナチスの軍事基地があるハーグを空爆したため、死体に溢れた場所で生活した体験があるようで、それはこの映画の設定や内容にかなりリンクしているのだろう。

ある意味、自伝的要素やリアルで過酷な幼少体験がこの映画の根底にはあるだろうから、エンターテイメント戦争サスペンスというほど突き放した映画にはなっていない。

ある種切実なエモーションとリアリティーが全編に漲る作品になっている。

と同時に、単にナチスドイツ=悪、レジスタンス=正義とは描かず、ドイツは正義と信じて残虐なことを行なったが、レジスタンスの中にも邪悪はあり、戦勝パレード後、ナチスを糾弾するレジスタンス側の残虐性もちゃんと描いており、単なるありがちなナチスドイツ糾弾映画にはなっていない。

また、そうしたリアルへのこだわりゆえか、派手なアクションシーンはあるもののVFXは使われておらず、リアルアクションにこだわっているようなところも感じられる。

エロとバイオレンスの過剰なバーホーヴェン映画もいいが、こういう自身の過酷な体験から生まれたような映画にはまた一味違う重みとリアリティーがあって秀逸である。

とは言え、この映画の過剰な展開の早さとどんでん返しの連続で、一気にわりと長い上映時間を見せ切る手際はいつものバーボーヴェンの妙技である。

つまりこの映画は、いつものバーボーヴェンの力量全開のまんま、それをリアルにバージョンアップしたような映画と言えるかもしれない。

そんな生々しいエモーション漲る、ポール・バーホーヴェンの最高傑作だと思う、優れた秀作の一篇。 2017/08/05(土) 00:05:04 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1861-b39ab480