0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『嬢王ゲーム 女の下剋上決戦 第2章』

山内大輔『嬢王ゲーム 女の下剋上決戦 第2章』、

場末のスナックでアルバイトしている桜井あゆは、ある日、栄えていた時代の六本木の伝説のキャバクラ「Red Dragon」の常連客だった男から、もうすぐ店が再開される話を聞くが、その時、かって店が休業する原因となった、太客が元No.1キャストだっためぐりに刺された事件についての話を聞く。

その後桜井は、再開した「Red Dragon」にキャストとして入るが、伝説のキャバクラ再開のため、キャバ嬢は極嬢ばかりで桜井は凌ぎを削る。




シリーズ2作目。

お話は1作目から繋がっているが、主演は桜井あゆに変わって、全くリニューアルしたような続編。

1作目のラストのめぐりによる事件で、店は営業停止になり、それを再開した店で桜井が働くお話。

冒頭の場末のスナックで、客と援交もやっているらしい桜井が、乳首を吸われすぎてヒリヒリするので、乳首に絆創膏貼ってくれとかやたら下品なことを言っているのに、伝説のキャバクラではシレッと上品ぶったキャストに転身するところに、お水女の裏と表が出ていて、ちょっとリアルである。

そこからは、元伝説のホストで店のオーナーの、実は桜井とはある因縁がある竹本泰志との話になっていくが、基本、そっちの話の方が最終的にはメインになっていく。

だが今回もキャバクラ世界の女の抗争は描かれ、芸能界を夢見る、桜井と仲の良いキャストが桜井側についたために、森羅万象の社長に犯され、怒った桜井が森羅万象と、ハメた対立するキャストに暴力的に報復したりする。

また竹本が高額で引き抜いたキャストは愛人になるが、竹本にマジ惚れしすぎてドロドロした情念をぶつけてきたりと、この手の題材らしい挿話が幾つか描かれている。

山内大輔らしさが少しは出ているが、全開というほどでもない。

それでも様々な挿話が絡んで、そこそこは見てられる一篇。 2017/07/29(土) 01:33:39 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1859-c4189653