0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『双頭の龍2』




横山一洋『双頭の龍2』、

大沢樹生と川本淳市は自分の組の会長や若頭を殺し、よそのシマ荒らしをしていた。

大組織の若頭補佐の本宮泰風は二人を招き入れるが、その頃日本一の組織の幹部・赤井英和が大阪から本宮の組の若頭・長原成樹の元へやって来て、本宮抜きで二人は兄弟の結縁を結ぼうとする。

本宮は大沢と川本に長原暗殺を命じるが、大沢は勝手に結縁の儀式に殴りこみ、本宮も手を焼き、相棒の川本も困惑する。

そこから本宮と下元史朗ら上部組織との内部抗争が始まるが、組員の中には徐々に本宮を支持する声も上がり出す。




北野武の『アウトレイジ』のように、それぞれのタイプのヤクザが抗争を繰り返すシリーズの2作目。

大沢樹生は組も何もへったくれもない狂犬ぶりで、本宮が気に入って組に入れるも、すぐ問題児となる。

大沢の相棒の川本淳市は、『列島分裂 東西10年戦争』の時と同じような、ちょいロン毛にグラサンというスタイルがかなり渋く決まっているが、相棒の大沢の蛮行に翻弄されて悩み、本宮と大沢の間で苦悶する役どころを好演している。

基本主役は本宮泰風だが、本宮もどこか非情なヤクザ役で、珍しく赤井英和がラスボスめいた悪役を演じている。

長原成樹も赤井の下で、組をかき回す役にわりと合っている。

大沢だけが、本宮にとって味方なのか敵なのかわからない狂犬役で、最後は本宮と拳銃を向け合う展開となる。

下元史朗の引退することになる組長役も中々悪くない。

大組織の中で四面楚歌だった本宮が、自ら動いて、最終的には大組織のトップにのし上がることが、結局組織にとっての正解的総意のように様変わりしていくのだが、その展開や顛末に無理がない。

たえず色々な抗争が巻き起こって、それが絡み合ってお話が進んでいくが、様々なタイプの登場人物のキャラが、おのおの皆立っているので、それなりに面白く見られる一篇。 2017/07/11(火) 00:58:16 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1854-00f2d425