0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『外道坊2』




辻裕之『外道坊2』再見、

刑事のKojiは外道坊=小沢仁志が、ヤクザの本宮泰風を死なせた現場を目撃した。

Kojiはその不可思議な現場に混乱しつつも、外道坊を追う。

Kojiは相棒の先輩刑事木村栄と、上司の命令を無視して捜査するが、外道坊の殺人の物証は出てこなかった。

だがその頃、木村が追っていた事件の関係者が次々と死んでいく。

それらの事件の裏の闇に二人は迫るが、Kojiはそこで外道坊の姿をたまに見かけるが。




平松伸二の原作漫画を映像化した2作目。

意外なほどに主役のはずの外道坊の出番が少なくて、ドラマ的にはほとんどKoji主演のお話である。

しかし、そのわりにドラマチックと言えるほどの刑事ドラマもなく、ただひたすら闇の力の抹殺者が木村が追っている事件他の関係者をどんどん抹殺していく展開が描かれ、それがネタ振りとなって外道坊の天誅に繋がるだけの話だったりする。

やはり外道坊の出番の少なさが、ドラマ的にも中心を欠いた物足りなさを感じさせる。

確かに主役ではないKojiと木村の刑事の葛藤や罪悪感、焦りなどはわりと描かれているものの、設定的に無力であることがわかっているので、闇の抹殺に対抗しうるはずもないことも明白なため、最後は外道坊の力で刑事二人の怒りは報われるものの、そこまでのドラマが面白いものであるとは言い難い。

小沢仁志の外道坊には不気味な風格があり、わりと似合っているだけに、もうちょっと主役である外道坊の出番が前半から多い方がお話に厚みが出たようにも思える一篇。 2017/06/24(土) 03:23:42 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1849-42ad26cf