0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『超高層プロフェッショナル』




スティーヴ・カーヴァー『超高層プロフェッショナル』再見、

ジョージ・ケネディの建設会社ボスは、高層ビルの鉄骨組み立ての期限が来ている時に転落死してしまう。

葬儀の後、娘のジェニファー・オニールは、3週間内に鉄骨を組立てなければならない状況の中で、父の後継者となり、現場監督を腕利きのリー・メジャースに頼もうと交渉に乗り出す。

承諾したリーは、昔仕事をした仲間を呼び集める。

だが、一方でケネディの弟は仕事を奪おうとして、リーやジェニファーが期限までに鉄骨を組み立てるのを完成させぬよう妨害してくる。

リーは妨害に対抗し、期限までに鉄骨を組立てようと奮闘するが、リー個人にはある問題があった。





1970年代末に作られた、ウェルメイドなガテン系建築アクション映画。

初見はスプラッシュ上映の添え物映画として劇場公開された時だが、当時を代表する、所謂拾い物B級映画の秀作の見本のような映画だと思ったものである。

この映画を観て、スティーヴ・カーヴァーに一目置くようになった覚えがある。

当時の二本立て劇場公開の添え物映画には、こういう秀作B級映画がたまに紛れ込んでいたが、それが一つの楽しみだった。

リー・メジャース製作総指揮、主演の映画だが、妨害する派の人間を、最初からメジャースがマンガなまでに荒っぽく叩きのめすところからして、ガテン系の人間たちを描いた題材に合っている。

建築現場の会社的な対立を描いているのに、トラックバンバンぶつけたり、それが盗まれたら奪い返したりと、まるで犯罪アクション映画みたいな展開となるが、そういう荒唐無稽感も、妙に映画にも、題材にも合っている。

リー・メジャースとやたらにセクシー美人なジェニファー・オニールが、ラブロマンス的な展開に簡単に流れないところもいい。

途中からは、過去のトラウマから、現場は仕切れても、自身は鉄骨組み立てのために高所に昇れなくなっているリー・メジャースの葛藤が描かれていくが、それに納得しないリチャード・リンチの職人仲間に対し、リーがトラウマを克服して鉄骨組み立てをするまでを描く描写も、またはその後の和解も、やはり題材に合った、ガテン系の男たちの少年ジャンプ的友情風に描かれている。

ジャンプ的描写の建築アクション映画と、勧善懲悪な犯罪アクション映画的描写が絶妙に融合している、拾い物B級映画の秀作な一篇。 2017/06/20(火) 02:08:59 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1848-5ba21117