0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『ラビット・ホール』




ジョン・キャメロン・ミッチェル『ラビット・ホール』再見、

ニコール・キッドマンとアロン・エッカートの夫婦はニューヨーク郊外の住宅街で暮らしていたが、8か月前に4歳の一人息子が交通事故に遭い死んでしまい、それから2人は強烈な喪失感に苛まれていた。

現実を見て生きようとする夫のエッカートだったが、乱れた気持ちのままの妻キッドマンは、同じ子供を亡くした夫婦の集会にも虚しいものを感じ、周囲に当たり散らす生活を送っていた。

だがある日、キッドマンは息子を轢いた高校生を偶然見かけて思わず尾行し、そのうち公園で話すようになる。





ニコール・キッドマン製作、主演の、デヴッド・リンゼイ=アベアーの戯曲を映画化した作品。

脚本もリンゼイ=アベアーが書いている。

最愛の幼き子供を事故で亡くした夫婦の喪失感と苦しみをダイレクトに描いた映画だが、ニコール・キッドマンがこの映画の演技でアカデミー賞他多くの賞にノミネートされ、全米映画批評家協会賞の主演女優賞を受賞しているのが全く頷ける、まさに体当たりの名演を見せているのが一番出色である。

こういう題材だと、喪失感と悲しみから、ひたすら被害者的な遺族が、いささかお涙頂戴気味に描かれることが多いが(特に日本のドラマや映画では)、この映画のニコール・キッドマンはあらゆる慰めが何にもならないことに絶望している。

それ故に、あくまで感情を抑えて、周りに気を使い、普通に生きようとするのだが、しかし喪失感をどうしても無視することが出来ず、結局は、はた迷惑にも周りに当たり散らす怒りの表現になってしまう。

そして結局、そうなるたびに、自分をどんどん追い込んで行ってしまうのである。

キッドマンは周りに当たり散らしているようで、結局自分自身を責めているのであり、謂わば自分で自分を傷つけてしまっているのである。

この辺りの、幼い最愛の子供を失った喪失感は、やはりその当事者にしかわからないということを、綺麗事抜きで明確に伝えてくる描写、またはキッドマンの演技は見事というしかない。

そんなキッドマンが、息子を事故とは言え轢き殺し、罪悪感に苦しむ高校生と話すことだけが救いとなる、というか、どちらも事故のある意味では被害者同士であり、そんな二人が話すことにしか救いがないという描写も中々リアルである。

また一見冷静に見える夫のアロン・エッカートだって、大事に毎日見ていた、生前の息子のスマホの動画をキッドマンが誤って消してしまった時には、まるで薬が切れたように怒りだし、つまりエッカートは亡き息子との良き思い出の世界に浸ることで、自身の喪失感を回避してきただけであり、結局キッドマンと同じ喪失感に苦しみ続けてきただけで、ここでエッカートがキッドマンに怒るほどに、エッカートの哀しみの大きさが伝わってくる。

このアロン・エッカートの演技も見事である。

この映画は、ニコール・キッドマンとアロン・エッカートが体当たりの演技でぶつかり合う、その生さが、喪失感の絶望的哀しみの、その本当の辛さを浮き彫りにしていくのである。

そんな本当の辛さを、のたうち回りながら少しずつ乗り越えていこうとする、二人の心理の変化を描いた描写も丁寧である。

綺麗事抜きのダイレクトさで描かれた、かなりの秀作な一篇。 2017/06/10(土) 00:06:35 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1845-03d32a59