0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『ラストミッション』




マックG『ラストミッション』、

CIAエージェントのケヴィン・コスナーは、余命幾ばくもないことを知らされて、これからは今まで蔑ろにしてきた家族と共に過ごす人生を送ろうとパリの妻子のところへ行く。

しかし家庭を顧みない生き方をしてきたため、娘のヘイリー・スタインフェルドと仲良くなれないでいた。

だがその頃、CIAエージェントのアンバー・ハードが、コスナーに最後のミッションを依頼してくる。

それは極悪なテロリストとの戦いであった。

病魔に蝕まれた体でコスナーは娘との関係修復とテロリストとの対決に没頭するが。





マックGが監督、脚本がリュック・ベッソン他、主演がケビン・コスナーというビッグネームが組んだアクション映画。

ケビン・コスナーはエージェントというより殺し屋みたいだが、そう見えてしまうほど、かってヒーロー役ばかりやっていた時代と違って、色々なまわり道をしてコスナーは役の幅を広げてきたので、かなり悪党っぽいワイルドなエージェントにして娘に翻弄される父親役をうまく演じている。

強面な裏の世界の人間が娘に振り回されて家庭を大事にしようとするキャラのギャップは、かっての日本のVシネマなどでよく描かれていたギャップ描写である。

だから脚本はそんなに斬新ではなく、ちょっと懐かしくすら思えるが、何故かケビン・コスナーがそんな役を複数的に演じると古さがあまり気にならなくなり、敵を捕まえてきて無茶苦茶するようで、その相手の人間的な部分にいつも触れていく描写にも面白みがあり、中々うまく出来ている。

やはり、かってなら勧善懲悪のヒーローが似合ったコスナーが、真逆のダーティヒーロー役に見事に似合っているということや、題材自体がB級アクション映画っぽいところが功奏しているのだろうと思う。

娘に翻弄される余命幾ばくもない普通の父親の顔と非情な殺し屋のようなエージェントの顔を同時に切り返すコスナーの演技や描写がわりと面白いし、その切り返しにリズム感すらあり、テンポよく描かれている。

アクションシーンも中々派手だし、『ボディガード』のパロディのようなシーンも入り、映画自体がケビン・コスナーのパスティーシュ的でもある。

アンバー・ハードが準主役っぽく出てくるのに、出番が少なくて地味なのは気になるが、わりと面白く見られる活劇の一篇。 2017/05/23(火) 00:59:44 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1840-decc2488