0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『脱衣麻雀学園Z』




マック・P・フォーエバー『脱衣麻雀学園Z』、

201X年に賭博条例が施行され、政府認可で賭博が合法となる。

そこで、賭博で他国と渡り合えるスペシャリスト育成のための賭博専門学校=トバセンが作られる。

その教室に星美りか他4人の問題児的女生徒が集められ試験が行われることになる。

その試験は、勝てば賭博のスペシャリストとして学園を卒業できるが、負けたら衣服を脱がされ死の制裁、という脱衣麻雀だった。




脱衣麻雀シリーズの1作。

ある種のバトルロワイアルものだが、教師役の川連廣明が一人賑やかし、進行MC、悪役を兼ねて、弾けまくったおふざけ芝居を随所に見せ、星美りかや衣緒菜、昔のスケバン風熟女女子学生の横山みれいらはそれに翻弄されて、生死を賭けた麻雀デスバトルをする羽目になる。

一応心理ドラマや麻雀バトル的な場面もあるが、やはり全編、川連をコメディーリリーフとしたおふざけナビゲートによるデスバトル戦描写が顕著で、負けたら太腿に書かれた恥ずかしい秘密を暴露して爆破という描写に至るまで、ひたすらおふざけコメディーテイストである。

最後にはどんでん返し的なオチがついて終わるが、何でもアリ的な描写の連続なので、まあこういう終わり方もアリかもとは思わせる。

バカバカしいと言えばバカバカしいが、それでも全編おふざけアイデアに手を抜かずに描かれているので、軽い作品だが趣向を凝らした飽きさせない面白さは中々ある方の一篇。 2017/05/20(土) 02:08:21 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1839-dc6e71fe