0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

追悼 月丘夢路 坂野義光




月丘夢路さんが亡くなられた。

先に亡くなられている井上梅次監督の奥さんだったが、その出会いの映画であった、井上監督の、前にここで評を書いた『火の鳥』は、月丘夢路さんの最高傑作だと思う。

波瀾万丈の人生を乗り越えて生きていく女優役を実に堂々と演じられていて素晴らしかった。

他に東宝の『ゴジラ』より先に同じテーマ曲が使われた、これも前に評を書いた、シニカルな松竹映画『社長と女店員 』や、こちらも評を書いている、川島雄三の『あした来る人』の、オタクな男ばかり好きになってしまう女の役や、『白夜の妖女』や『夜の牙』などでの、やたら色気が出ていて煽情的な役どころも良かった。

その他『美徳のよろめき』や『晩春』、『告白的女優論』や『銀座二十四帖』、TV『犬神家の一族』他などなどでも好演されていた。

月丘夢路さん、ご冥福をお祈り致します。



また、『ゴジラ対ヘドラ』の坂野義光監督も亡くなられた。

最近、福島の原発事故に材を取った『シン・ヘドラ』を構想されているという話も出ていたので、それからすぐに亡くなられてしまったのがとても残念である。

こちらは『ゴジラ』シリーズ中、最も好きな作品が『ゴジラ対ヘドラ』で、子供の頃、封切りで観に行って、最もインパクトを受けた怪獣映画がこの作品なので、協力監督や部分的な監督、またはTVでの監督作以外の、正式な映画監督作がこれ1本ではあっても(ゴジラを作中で飛ばしたことで田中友幸プロデューサーの不評を買い、その後監督作が撮れなかったらしい)やはり巨匠だと思っている。

水中撮影の技術を確立され、それを活かした仕事もされていたが、やはり「ヘドラを作った人」というだけでも、歴史に残るべく映画監督だと思う。

坂野義光監督、ご冥福をお祈り致します。



2017/05/13(土) 01:35:12 R・I・P トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1837-2cae660f