0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『サード・パーソン』




ポール・ハギス『サード・パーソン』再見、

パリのホテルで小説を執筆中のピュリツァー賞作家のリーアム・ニーソンは、愛人のオリヴィア・ワイルドと過ごしていたが、オリヴィアには他にも恋人がいた。

ローマでは、アメリカ人の会社員エイドリアン・ブロディが娘を誘拐されていると言う女とバーで出会い、エイドリアンは女の事情に介入していく。

ニューヨークでは、元女優のミラ・クニスが離婚した夫のジェームズ・フランコと息子の親権を争っていた。

ミラは裁判費用捻出のためにメイドとして働くようになるが。






ポール・ハギス脚本・監督の恋愛&ミステリ風味の映画。

パリ、ローマ、ニューヨークを舞台にした3組の男女の関係を描いた作品。

確かにこれまで、 傑作『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本や、監督作『クラッシュ』他の秀作を手掛けてきたポール・ハギスらしさのある、現実と小説中の物語という虚構を織り交ぜた、複雑で巧みな物語展開で描かれてはいるものの、前述の映画に比べると随分物足りなさを感じる作品である。

それは三組の男女が世界の3つの都市にいるという設定が、リアルな人間ドラマを信条とするポール・ハギス作品にしては、いかにもシチュエーション恋愛映画的すぎる作りもの設定に見えるからである。

しかもそこで語られる三組の男女のドラマもどれもありがちなもので、複雑かつ意図的に錯綜させた語りのわりには、どうということもない挿話が三つ絡んでいるだけという印象も受けるのである。

確かに、現実世界に生きているのは、たぶん作家のリーアムと愛人、そしてリーアムの妻であるキム・ベイシンガーであり、ローマやニューヨークの挿話に出てくる男女は、リーアム自身の姿を投影した、リーアムの描く小説中の登場人物だろうから、それぞれの挿話が作りものめいているのは、予め当然なのかもしれない。

しかし、その結末において、現実と、リーアム自身の人生を投影したそれぞれの虚構の挿話が共通する悲劇性を露出しても、どうにも取って付けたような共通性という感じがして、あまり切実なリアリティーを感じないのである。

元々、ハギスお得意の錯綜語りというのは、別に意外な真相だとか、その複雑な語りによるスリリングなサスペンスとか、そういう作りもののサスペンス映画のようなものとは一線を画したものだった。

そこで描かれていたのは、複雑な錯綜展開のその<合間>に、まるで物語の無意識のように顕れる、ドラマという創作物を超えた、リアルな人間の切実な肌触りや、リアルな不意の瞬間のエモーションというものだったはずである。

『クラッシュ』にはそこに生々しい現実の瞬間の切実が映っていたし、『ミリオンダラー・ベイビー』にも如何ともし難い現実が生々しく露呈していた。

しかしこの映画はハギスの達者な語り技によって、リーアムの現実の悲劇性と、それをダブらせたような虚構を通しての補完的な悲劇性がクロスするだけで、そこに肝心のドラマを超えた生々しい瞬間や肌触りがあまり感じられないのである。

確かに現実と虚構のその<合間>から、その切実さや悲劇性は一応伝達されている。

しかしそれはいかにもハギスお得意の達者な錯綜語りから生まれた、ドラマ的な結末に過ぎない。

仮にリーアムの愛人の近親相姦的な真相すら、作家リーアムの書いた虚構的真相にして、その実リーアム自身の過去の暗黒の換喩であると仮定してみても、結局、まあ『オールドボーイ』的な結末と言えなくもないが、肝心のリーアムの切実な生々しき慟哭は薄っすらと匂わされているだけである。

その意味でこの映画には、策士、策に溺れるといった印象もあり、ハギスは自らのお得意の錯綜語りを達者に語れば語るほど、それ自体に溺れてしまっているようにも思える。

結局その達者さを、”ポール・ハギス”というブランドのネームバリューなどから、ありがたがってくれる観客の好意に甘えてしまっていると思う。

たとえばピカソは、『泣く女』で、複雑な表現方法を用いて、一見何がなんだかわからない女の貌を描くことで、顕在化出来ないほどの狂気の泣き叫びを描いていたが、ポール・ハギスもそこを狙ったのかもしれぬが、それにしてはリーアム・ニーソン自体に狂気が感じられず、ただひたすら、さめざめと悲しいという情緒に埋没してしまっているように見える。

役者陣はまあわりと好演しているとは思うが、しかし各々の挿話の設定の中で、随分窮屈に好演しているという印象も受ける。

別につまらない映画ではないのだが、しかし作り手の最大の持ち味が、その自らの達者さによってあんまり出ていないように思える一篇。 2017/04/22(土) 00:06:37 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1831-a7644307