0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『検事 霧島三郎』

田中重雄『検事 霧島三郎』、

検事の霧島三郎=宇津井健は、婚約者の霧立はるみの父である弁護士の菅井一郎に容疑がかかる、菅井の愛人がアパートで絞殺された事件を担当することになり、容疑者の娘である霧立と会えなくなる。

容疑者の菅井は麻薬を残して行方を眩ましていた。

宇津井は愛人の同僚のバーの女・十和田翠から、菅井は戦時中からの知り合いの中国人のコネで国外逃亡したらしいと聞くが、翌日十和田は死体で発見され、その部屋からも麻薬がみつかる。

バーの経営者のテキ屋・山茶花究を取り調べた宇津井は、山茶花がヤク中であることを指摘して尋問するが、山茶花は、殺しは組を裏切った男が知っていると言う。

霧立は婚約している宇津井と話もロクに出来ないので、父・菅井の弟子の私立探偵川崎敬三に頼っていた。

だが霧立は、かねてから毛嫌いしていた杉田康に父・菅井の居場所を知っていると言われ、川崎が止めるのも聞かず、杉田と会うが。





高木彬光の原作を映画化した大映映画。

ミステリアクション映画の部類に入る映画だが、宇津井健は相変わらず新東宝時代まんまの熱血漢の真面目キャラである。

途中、バーの女の十和田翠やホステスの長谷川待子などの扇情的でケバい悪女と、あくまで真面目で気さくな宇津井とのツーショットシーンがあるが、まるで新東宝における三原葉子や万里昌代と宇津井のツーショットみたいで、パルプノワールな犯罪映画テイストが少し出ている。

しかし、この映画は何と言っても宇津井の婚約者の霧立はるみの騙されてばかりいる間抜けな行動が一番目立つ映画である。

どう見ても明らかに怪しい上に、川崎敬三が止めているのに、見返りに体まで要求する杉田康にホイホイついて行って騙されたり、最後も霧立の間抜けな行動によりサスペンスシーンが生まれている。

だが、毎回間一髪の見事なタイミングで宇津井健が助けに来る典型的なお約束展開で、この辺りのご都合主義や、ヒロインをやたら間抜けに描く点などは、今の二時間サスペンスドラマにそのまま継承されている。

他に成田三樹夫や早川雄三、宮口精二などが出ているが、終盤には真犯人が発覚し、ミステリ映画的展開で終わる。

やはりこの映画は、プログラムピクチャーらしい簡潔なテンポの良さが最大の美点だろう。

だから飽きさせずに見せるし、展開も一応面白く見られる。

ご都合主義が目立つ映画ではあるが、そのテンポの良い簡潔な展開描写が悪くない一篇。

2017/04/15(土) 01:59:36 大映 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1829-8b11e76b