0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『裏切りの獣たち』



ドノバン・マーシュ『裏切りの獣たち』、

犯罪都市である南アフリカ共和国のヨハネスブルグで、潜入捜査官のスドゥモ・ムチャーリは危険なアンダーカバー捜査の末に犯人を捕まえるが、犯人逮捕の報奨金を上司に奪われ、その上、上司の汚職まで知って、警察の仕事に嫌気がさしてしまう。

いつまで経っても上司の搾取の中、こき使われるだけだと怒るスドゥモは、潜入捜査中に知り合った犯罪者の強盗計画に協力して大金を稼ごうと考える。

殺人を犯さず、金を奪い取るだけの簡単な計画だったが、気の荒いイスラエル・マコエとスドゥモがハナから対立し、犯罪者同士で仲違いが最初から始まり、おまけにスドゥモが強盗計画に無理矢理誘った同僚警官のプレスリー・チュエニヤハエの正体がバレ、裏切り者が紛れ込んでいるという疑心暗鬼の中、計画は実行される。

スドゥモは監禁されたプレスリーのことを気にしながら、強盗計画の実行に参加するが。





南アフリカ産の犯罪ノワールアクション映画。

潜入捜査官が命懸けの捜査が報われず、ブチ切れて犯罪者になろうとするという設定は面白いが、途中からはよくある強盗映画のパターンで進む。

例によって悪党ばかりの強盗集団にはメンバーの人間それぞれの思惑があり、寧ろ裏切り者扱いされるプレスリーはアンダーカバーではなく、ちゃんと強盗をやろうとして仲間に加わっているのに監禁されるわけだが、計画実行中には仲間同士で殺し合ったり、後半には新たな裏切り者が金を持ち逃げし、その仲間割れがチャンスとなって、スドゥモはプレスリーを助け、金を取り返そうとする。

最初一番気が短くてバカそうな凶暴キャラで出てくるイスラエル・マコエが、結局最後まで一番強敵として描かれているのは意外だが、しかしまあ、事態の急変から展開が変わっていく感じで描かれているので、そうなる可能性もハナからあったとは言える。

一見悪徳警官に堕ちた刑事の、ノワール強盗映画なようで、ラストは何事もなかったようにヒーロー譚となるが、まあそれも展開の妙だと捉えれば、そう唐突な様変わり描写でもない。

ただこれは多分、金を奪われる現金輸送車の警備員が、過去の痛みを相棒に話しながら職務に対する矜持を語るシーンをわざわざ入れているのだが、それを伏線として、スドゥモのヒーロー譚として終わらせているという気もする。

まあまあな出来だが、ワイルドなタッチが題材に合っているとは言える一篇。 2017/02/21(火) 00:41:29 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1814-1c03ee22