0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

追悼 根津甚八




元俳優の根津甚八さんが亡くなった。

素晴らしき名優だったのに、事故や病気などが重なり引退されていたが、「GONINサーガ」への出演から復活、とはならず、お早く亡くなられてしまったのが残念である。

まずは70年代末のドラマ「男たちの旅路/墓場の島」での好演に強烈なインパクトがあり、そのクールな存在感はかなり印象深かった。

その後、TVでは「あまく危険な香り」や、「誇りの報酬」の中村雅俊とのバディ刑事役などで好演されていたが、やはり映画「その後の仁義なき戦い」の主演が見事な名演だった。

「その後の〜」はどこかヤクザ映画と青春映画の間のような作品だったが、根津氏の個性がその二つのジャンルを難なく自然に結びつけることにかなり貢献していたと思う。

また黒澤明復活作の「影武者」や「乱」の世界にもピタリとハマり、見事な好演だった。

そして何と言っても、石井隆監督のノワール映画には欠かせない方だった。

「GONIN」シリーズだけでなく、Vシネマの「月下の蘭」や、「天使のはらわた 赤い閃光」「夜がまた来る」の村木役、「ヌードの夜」「黒の天使 Vol.1」などなどで、まさに石井隆世界の一角を担っているような存在感を見せていた。

また代表作の一つである「さらば愛しき大地」や、「よるべなき男の仕事 殺し」「ゴト師株式会社」シリーズ、「この子の七つのお祝いに」「駅 STATION」「許されざる者」他などでの好演も印象深い。

「機動警察パトレイバー2 the MOVIE」では柘植の声を担当されたが、これがまた素晴らしく、作品自体の魅力にかなり貢献されていたと思う。

Vシネマでは、他に「極悪 人間魚雷ブルース」や「闇ゴルファー」シリーズ、「復讐(とむらい)の掟 ROGUE COP」の刑事役他などがとても良かった。

本当に素晴らしき名優だったと思う。

根津甚八さん、ご冥福をお祈り致します。


















2016/12/31(土) 00:06:46 R・I・P トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1797-54527e76