0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「ハドソン川の奇跡」




クリント・イーストウッド「ハドソン川の奇跡」、

2009年1月15日、155人の乗客を乗せた航空機がマンハッタンの上空で鳥の衝突に遭遇し、制御不能な状態になる。

機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガー=トム・ハンクスはなんとか機体をコントロールしてハドソン川に絶妙に着水させることに成功し、機体から乗客を誘導して、見事乗客全員の命を助け、一躍国民的英雄となる。

だが国家運輸安全委員会は、サリー機長の判断が正しかったかどうか厳しく追及してくる。

機長は事故で航空機が爆破する悪夢や妄想に悩まされるようになり、実はエンジンが片方作動していたという報告を聞かされ、さらに苦悩していくが。




クリント・イーストウッド監督とトム・ハンクスが組んだ、2009年のニューヨークで実際に起きた奇跡の生還劇と呼ばれる航空機事故の実話を映画化した作品。

チェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をベースにして映画化されている。

謂わば実在の英雄的人物の実話の映画化であるが、ところが映画自体は、まるでサスペンス映画の緊迫感と、ヒーローの苦悩と緊張をメインに描いた、娯楽映画としても十二分に面白い映画になっている。

この辺りは、他の監督の偉人的実在人物の実話映画のもっともらしさとは一線を画する、イーストウッド監督の真骨頂とも言えるだろう。

しかも、それをダラダラ勿体つけて描かず、なんと今時、上映時間96分の簡潔さできっちり描き上げているのが素晴らしい。

また英雄的実在人物であるサリー機長を、客観的に偉い人とは描かず、イーストウッドがかって演じた「ダーティー・ハリー」におけるハリー・キャラハンの、ラスト犯人を射殺してバッジを捨てる苦い勝利の苦痛や、「タイトロープ」で自身の深層心理に怯える刑事役の倒錯の両方を、トム・ハンクスを通して英雄の苦悩と苦痛として描いていて、それが緊迫したサスペンス映画のような作品自体をさらに緊張感あるものにしている。

イーストウッド監督の描写力だけでなく、トッド・コマーニキの脚本の構成やテンポのよい簡潔さも秀逸であると言える。

トム・ハンクスは英雄的機長の品格と風格、プロフェッショナルとしての貫禄をその存在感でちゃんと見せながらも、徐々に内面を引き裂かれ、あらぬ妄想や苦痛に苛まれる英雄の苦悩と緊張を見事に演じている。

それでいて、強い責任感から乗客全員の無事を心配する、その責任者として倫理が、乗客全員が助かったと知った時、「(生存者)155人!」を心から歓喜して何度も口にする場面に露出しており、その時のトム・ハンクスの表情の素晴らしさは筆舌に尽くし難い。

またトム・ハンクスだけでなく、相棒的存在の副操縦士、アロン・エッカートも最高の好演を見せ、特にラストシーンを見事に決めてくれた粋さが光った。

このエンディングも全くダラダラせず、簡潔極まりない的確さで終わっていく。

また同時に、航空機がハドソン川に着水してから乗客を救出に出動する警官や救助隊の描写もドキュメンタリーのような生々しさで描かれ、その訓練された無駄のない動きを丁寧に映し出している。

サリー機長を厳しく追及する国家運輸安全委員会側も単に悪役として描かず、サリー機長と負けず劣らずの厳しいプロとして描かれていて、だからこそ終盤の事故の検証シーンにもかなりのサスペンスが露出し、映画を緊迫させている。

近年だって傑作、秀作を連発し続けてきたイーストウッド監督だが、ここへ来てまた、さらにグレードアップした作品を作り上げた、見事な傑作である一篇。


2016/10/01(土) 01:23:52 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1771-329aec82