0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「関東極道連合会 第三章」




山本芳久「関東極道連合会 第三章」、

東京八王子のとあるスナックに、二人のチンピラヤクザがやって来て乱暴な振る舞いをする。

二人は、見かねた八王子を縄張りにする地元ヤクザ組員にまで因縁をつけて、組員に袋叩きにされる。

だが実は、この二人のチンピラヤクザは、関西最大の組織傘下・ヤクザの組長・清水宏次朗の命令で動いている、清水らの東京進出の布石だった。

二人はすぐに地元ヤクザの事務所を襲撃し逆に刺殺されるが、これを引き金にして、八王子には清水の組織側からの報復があり、徐々に大掛かりな抗争事件が巻き起こっていく。

そんな中、二人のチンピラが殴り込んだ組の人間が報復的に殺され、その弟分である北代高士は、この仕組まれた偽装報復劇のために兄貴分を殺されたことに怒り、秘かに清水暗殺のための行動に出る。



監督が山本芳久に代わってのシリーズ三作目。

かってはVシネや映画で主役を張った清水宏次朗が、アコギな罠を仕掛ける役をやっているのは意外だが(なのに主演扱い)、しかし清水は単に悪役として描かれているわけではなく、清水なりの義理や筋から行なっている戦略であることも少し描かれている。

送り込まれるチンピラヤクザすら単なる駒としては描かれず、立場の低い下層のチンピラなりのヒューマンな部分がちゃんと描かれている。

「日本統一」シリーズの山本芳久作品らしく、この作品でも、善玉-悪玉の明確な図式はなく、それぞれの者にはそれぞれの筋や事情や義理があり、そのために対立し合う者同士が動き出すと、どうしても抗争や対立が巻き起こってしまうという、あくまで人間ドラマとしての抗争劇が主軸に描かれている。

そして中盤からは、仕掛けられた報復劇のために兄貴分を殺されて怒る北代高士主演作のように様変わりし、清水を抹殺するために兄弟分のKojiや側近の子分にだけ協力してもらって、一人北代が清水を討とうとするまでの暗殺行程がストイックに描かれていく。

この作品の展開自体「仁義なき戦い 広島死闘篇」のようだが、北代高士はまるで「広島死闘篇」の山中正治=北大路欣也を彷彿とさせる孤独な報復者の役どころで、それを見事に熱演している。

この北代主演のように変貌する中盤以降でも、あくまで北代側の人間ドラマとしての抗争劇が描かれており、山本芳久の作家的力量の確かさが垣間見えて秀逸である。

「日本統一」シリーズもそうだが、この作品を見ていても、山本芳久は映画作家として並々ならぬ監督であることがよくわかる。

Vシネマの新たな名匠として活躍しているのもいいが、今後は是非もっと大きな舞台の、本篇の劇場作品で本領を発揮してほしいものである。

もし今後「仁義なき戦い」がまたリメイクされたり、日本で「ゴッドファーザー」のような大作が製作されることがあるならば、是非山本監督に撮ってほしいものである。

実に締まった人間ドラマとして描かれている、中々の秀作な一篇。








2016/03/01(火) 00:08:08 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1710-d9cc21c5