0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「崖っぷちの妻たち 田中るみの場合 夫の趣味が…」

小渕アキラ「崖っぷちの妻たち 田中るみの場合 夫の趣味が…」、

翔田千里=田中るみは夫との関係はうまくいき、その上息子の家庭教師と不倫を楽しんでいたが、それでもまだ過度な性欲を解消出来なかった。

ある時、人妻友達から風俗店を紹介されたので翔田はすぐに風俗嬢になるが、人気No1となる。



出演している倖田李梨が企画、原案を担当した人妻たちの生活と葛藤を描いた作品。

倖田自らの体験などを元にしたドラマという触れ込みだが、しかしどう見ても海外ドラマ「デスパレートの妻たち」のエロ版焼き直しであり、出てくる話までまんま似たような挿話を持ってきといてよく言うよとは思う。(苦笑)

特にこの作品に出てくる翔田の夫の隠れたSM趣味の挿話なんて、ほとんど「デスパレート〜」と同じである。

主婦仲間が集まってああだのこうだの話したり、全員が訳あり事情を抱えている設定もまんま同じである。

しかしまあ、「デスパレートの妻たち」はよくNHKが放送したなというような内容だし、あれをこういうエロバージョンにさらにしてしまおうとする流れは必然的なものだとは思う。

今作は翔田千里の話がメインだが、他の人妻たちの欲望まみれの生態も順々に描かれている。

崖っぷちの妻たちって言ったって、欲望まみれで貞操もへったくれもない好き放題なことを全員がしでかしてるんだから、そりゃ崖っぷちにまで人生行くのも当然だろ、ってとこまで、誰一人共感できないクソ女ばっかり出てくる「デスパレートの妻たち」そっくりであるが(苦笑)、ただこちらはエロバージョンになっているから、そういう点をもっともらしくは描かず、ダイレクトにそのまんまエロで描いているので、あからさまな分こっちの方が嫌味はない。

どうということもない作品だが、つまらなくもない一篇。


2015/10/13(火) 02:28:44 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1670-ebaf31ea