0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

追悼 三條美紀 萩原流行




先日三條美紀さんが亡くなった。

若い頃は「静かなる決闘」「消防決死隊」「西城家の饗宴」他に出演し「山猫令嬢」などで娘役をやっていたが、「透明人間」ではセクシーな役を演じ、高倉健の「社員」シリーズにもよく出ていた。

市川崑作品の常連で、中年期の「犬神家の一族」や「病院坂の首縊りの家」などが印象深い。
横溝作品では「幽霊男」にも出演。

年代に応じて個性を変えて名演を見せていた方だった。

三條美紀さん、ご冥福をお祈り致します。

また萩原流行氏もバイク事故で亡くなった。

ここ数年事故をよく起こしていたようだが、生前は松田優作も高く評価していた名優だった。

優作と共演した「嵐が丘」のみならず、悪も善も複雑な人間も見事に演じられる人だった。

「修羅がゆく」シリーズの敵役など実に印象深い。

ドラマや舞台、バラエティでも個性的に活躍されたが、ご夫婦でWうつな状況を生き抜いてきた人だった。

作品の出来はイマイチだが「殺しの掟」や、工藤栄一の「安藤組外伝 群狼の系譜」などでも好演し、主演作「縁切り闇稼業」シリーズでは闇の縁切り屋をクールに好演していてとても良かった。

萩原流行さん、ご冥福をお祈り致します。


2015/04/25(土) 00:40:55 R・I・P トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1621-28656495