0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

追悼 リチャード・キール

リチャード・キール氏が亡くなった。

やはり「007」シリーズの殺し屋ジョーズが有名だが、「私を愛したスパイ」「ムーンレイカー」を封切り時に見に行った時の映画の楽しみの目玉の一つが、やはり殺し屋ジョーズだったのが思い出深い。

またイーストウッド監督、主演の超名作「ペイルライダー」で善と悪の間的な役柄を演じたのも印象深かった。(あの映画にはビリー・ドラコも出ていて中々脇も渋かった。)

また傑作「ロンゲスト・ヤード」では鼻をへし折られる大男役をやっていたが、内容自体にあのガタイのデカさが似合っていた。

その他「大陸横断超特急」、「バギー・チェイス」「ナバロンの嵐」「キャノンボール2」などにも出て特異な個性を発揮していた。

リチャード・キールさん、ご冥福お祈り致します。



2014/09/13(土) 01:28:42 R・I・P トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1556-1ad0af5c