0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

追悼 安井昌二



安井昌二氏が亡くなった。

基本的に舞台がメインの人だったが、映画にもよく出演されていた。

映画では「ビルマの竪琴」が有名だが個人的には日活専属俳優時代の中平康「四季の愛欲」の時の山田五十鈴の奔放な母親に翻弄される息子役が最も印象深い。

映画自体の不穏感が安井氏の根が真面目そうな理知的な風貌によく合っていた。

異様な事態の推移を揺れながら見つめる姿が映画をさらに意味深なミステリアスさにしていた。

また映画自体の出来はイマイチだが若い頃は意外と老け顔だった「俺は淋しいんだ」の安井氏も良かった。

安井氏は若者から中年期にやや近ずいたぐらいの頃に理知的なイケメン度が増したタイプだなと思うが、だからか中年期の作品で印象深い好演をよくしていた。

途中からバイプレイヤー的存在になっていったが老いてからも渋い風貌で、三谷幸喜脚本の評判は芳しくなかったが個人的には好きだったビリー・ワイルダー「アパートの鍵貸します」のイメージで作られたドラマ「今夜、宇宙の片隅で」に登場した時など実にジェントルな老いた存在感がカッコよくすらあった。

チャコちゃんこと四方晴美の父であり、「チャコちゃん」で共演もしていた。

理性的な風貌にとても存在感のある名優だったと思う。

安井昌二さん、ご冥福をお祈り致します。


無用ノ介 四の巻 [DVD]無用ノ介 四の巻 [DVD]
(2013/03/22)
伊吹吾郎、中村梅之助 他

詳細を見る


シベリア超特急4 ~監督殺人事件~ [DVD]シベリア超特急4 ~監督殺人事件~ [DVD]
(2006/09/20)
水野晴郎、三田佳子 他

詳細を見る


ビルマの竪琴 [DVD]ビルマの竪琴 [DVD]
(2002/11/22)
三國連太郎、安井昌二 他

詳細を見る


2014/03/07(金) 13:44:22 R・I・P トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1489-c93fd901