0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「アイデン&ティティ」

アイデン &ティティ [DVD]アイデン &ティティ [DVD]
(2004/08/27)
峯田和伸、麻生久美子 他

詳細を見る


田口トモロヲ「アイデン&ティティ」再見、

峯田和伸はバンドブームに乗って売れるが、本心は真のロックを追求していた。

その頃峯田だけに遠藤賢司のロックの神の姿が見えた。

その後ブームは去り峯田は自分で歌うことにするが。



みうらじゅんの原作を映画化した青春映画。

みうらじゅんの原作で描かれた1980年代から90年代はバンドブームだの色々あったが、個人的にはロックなんかとっくに死んでるのにその屍を使って、当時の好景気からバブル期に余った金に明かして派手な資本主義的茶番に興じて戯れているだけだと思っていたので、こんな峯田みたいな奴がいたって、それは死んだロックのパロディとしか思われず、そのパロディ的存在として許容されていたのが佐野元春と戸川純じゃないかとよく思ったものだった。

だからバンドブーム時代のこんなロック原理追求なんて全部資本に飲み込まれた上での、所詮麻生久美子の彼女に甘えながら青臭くモラトリアムにやってるだけの茶番だとは思える。(というか昔よくそう思った。)

それに対する当時の先行世代の「オレらの若い頃は」的なツェッペリン、クリーム賛辞にしたって、所詮はカウンターとして資本に乗っかったロックビジネスの一形態でしかなかったし、要するにこの映画の原作の舞台である時代にどれだけボブ・ディランに心酔してロックに真剣なふりをしようが、そもそもがロックの屍で遊んでるだけの時代なんだから全てマスターベーションでしかないと思える。

しかしこの映画には、妙に所詮ロックでマスターベーションをやってるだけだということに対する認識の影が感じられ、寧ろそんなことの情けなさと恥ずかしさを笑っている映画という感じもする。

その上で、どんだけ情けない茶番に興じ、恥ずかしいモラトリアムなオナニーをロックだと信じてるだけの間抜けだとしても、そのオナニーの果てにかろうじてロックの何かが少し見えるかもしれないということに賭けているお話というところがあり、峯田だけに見えるホームレスのようなロックの神はそんなオナニーの果てに少しだけ触れられるものの象徴なのかもしれない。

今だってロックンロールなんぞ年寄りの長閑な懐メロかこずかい稼ぎだし、デフレファッション時代に最適なファッション形態だったり、または様々なビジネスに利用出来るただのコンテンツに過ぎない。

格差社会となりホームレスが大量に発生しようとそんな人々を大量に生み出した社会を本気で怒鳴りつける反逆音楽としてロックなんて全く大きく機能していないし、原発反対のためのロックムーブメントも一部を除いては大して盛り上がっているとは言い難い。

これだけ世の中に大問題が発生し、大きな変動があり、マスゴミの情報操作だってバレまくってるのに、それをズタズタに罵りまくりマスゴミ全てを焼き尽くそうとするようなパンクロックムーブメントも大して盛り上がらない。

なのにロック商売は未だに安泰らしいんだからまさにゲーム市場と大して変わらないコンテンツビジネスとしてロックという業界があるだけだ。

この映画の原作の時代よりもさらにロックなんてそこらのゲーム業界と大して変わらないコンテンツ=一業界でしかなくなっているように思う。

もうこの映画の峯田のような恥ずかしい間抜けなマスターベーションすら誰もやらなくなってきているだろう。

だからか、まだこの映画の峯田のロックにまつわるマスターベーションに真剣になっている間抜けさがマシで健気に見える映画である。

みうらじゅんは本当はそう言いたかったのかもしれないが、でもそんな健気さも所詮ゆるキャラ的な可愛さで消費されてるだけであり、この映画もどこか公開当時そうやって消費されていた。

そういう残念さはあるが、それでも、これをマシだと言ってることは限りなく虚しいが、まあちょっとだけマシなところのある青春映画の一篇。
2014/01/17(金) 14:04:58 その他 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1468-d25180e2