0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「爆走!ムーンエンジェル 北へ」

山口和彦「爆走!ムーンエンジェル 北へ」再見、

姉貴分のために北海道へ行ったデコトラ女トラッカーの工藤静香だったが、その途中色々な人々と出会っていくも、謀略じみた事態に巻き込まれそれと戦うことになる。





90年代後半になって作られた東映プログラムピクチャー的トラッカー映画。

工藤静香が音楽とデコトラのデザインを手掛けたりしているが、しかし公開当時もうすでにこういう東映プログラムピクチャー的作品はとっくに終了し絶滅していた。

だから工藤静香という客寄せだけを旗印に、いきなりトチ狂ったように作られた時代錯誤極まる東映プログラムピクチャーの復活があまりに嬉しくて、公開当時何をおいても初日に見に行った作品である。

脇に当時東映Vシネマのアクションもので主役を張っていた嶋村かおりが出ていて、工藤のライバル的なトラッカー役をやっているのも良い。

工藤静香も中々悪くない。

映画自体、大傑作ってわけではないが、山口和彦の職人気質なプログラムピクチャータッチの作風がひたすら嬉しく、そこに実にフィルム的肌触りの映画らしい活劇タッチが十分あり、その時代錯誤な徒花感にとてもシミジミさせられたのを覚えている。

今はこういう作品はVシネマのデコトラギャルものに引き継がれているが、その時代錯誤な絶滅したはずのプログラムピクチャーが生き残っていた感がなんとも感慨深い一篇。


爆走ムーンエンジェル~北へ [VHS]爆走ムーンエンジェル~北へ [VHS]
(1996/12/20)
工藤静香、永島暎子 他

詳細を見る


山口和彦作品
銀蝶渡り鳥【DVD】銀蝶渡り鳥【DVD】
(2011/10/21)
梶芽衣子、渡瀬恒彦 他

詳細を見る
2013/12/17(火) 14:08:08 東映 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1454-f7a03f2d