0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「夜がまた来る」

夜がまた来る ニューマスター・デラックス版 [DVD]夜がまた来る ニューマスター・デラックス版 [DVD]
(2008/03/21)
根津甚八、寺田農 他

詳細を見る


石井隆「夜がまた来る」再見、

名美=夏川結衣の夫である刑事は麻薬Gメンとして潜入捜査をしていたが死体となって港で発見される。

だが夫は麻薬の横流しをしていたという汚名を着せられ殉職にもならなかった。

その後夏川は夫が潜入していた組のヤクザにレイプされヤクザ組長への復讐に燃えるが失敗し、自殺を図るも組関係の村木=根津甚八に助けられる。

その後も夏川は夫の復讐のため根津が心配する中組長の情婦になり復讐の機会を狙っていた。





石井隆原作、監督の名美シリーズの映画化作品。

夏川結衣の名美役はルックスからしたら一番名美らしい見た目だと思うし、村木=根津甚八もかなり似合っていてキャスティングはかなりいいのだが、映画自体は妙にバランスが悪い上に、かなり定番なプログラムピクチャーっぽい平板さを感じさせるものだったりする。

そういう意味では名美の復讐物語をキッチリプログラムピクチャー的に作りすぎた感もあり、そういうものが名美シリーズのベースにたとえあるにしても、そこからはみ出す暗さや絶望感や哀愁やエロや剥き出しの暴力などがあるから名美シリーズは特異なのだと思うが、そういう意味ではお話も何もまとまり過ぎている。

しかしそれでも夏川がヤク中になり場末のバーに売られているシーンなどにはなんともいかがわしい猥雑感が出ているし、そういう細かいところに名美シリーズの猥雑さとアンダーグラウンド感がちょこちょこ出ていて悪くない。

夏川結衣も汚されるほどに負のオーラを纏って鈍く輝いていく名美らしく、汚されボロボロになるほどに魅力を増し味が出てきてその辺りも中々いい。

映画自体はどうもこじんまりまとまってしまったような感もあるが、随所に名美シリーズらしい見どころと鈍い魅力はある一篇。

2013/12/10(火) 13:36:33 その他 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1451-c5154398