0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「ナチュラル」

 
ナチュラル コレクターズ・エディション [DVD]ナチュラル コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/09/02)
ロバート・レッドフォード、ロバート・デュバル 他

詳細を見る


 バリー・レビンソン「ナチュラル」再見、

 1920~30年代のアメリカに野球の天才と言われた男がいたが、不遇な事件に巻き込まれたためプロになることが出来なかった。

 しかし男=ロバート・レッドフォードは35歳になってからプロ入りし、奇蹟のルーキーと呼ばれるほどの活躍をする。




 バリー・レビンソンによる野球映画。

 大昔のメジャーリーグのノスタルジックなムードもいいが、いい年になってからかって天才と呼ばれた男が復活する様がなんとも感動的に描かれている。

 レッドフォードがホームランを打つといちいちナイターにボールが炸裂して花火のような爆発が起こる荒唐無稽な映画だが、しかしそれが奇蹟を起こした天才の復活劇に実に合っていて、その荒唐無稽さが逆に感動的ですらある。

 レッドフォードはいい味を出して好演しているし、中年男の復活劇なだけに少年や若者の野球映画とはまた違った味わいがある、大人が見てもそこに人生の深みすら感じられる秀作である。

 初見は公開前に試写会で見たが、この映画でバリー・レビンソンに注目したし、未だにレビンソンの最高傑作だと思う一篇。

2013/11/22(金) 13:45:01 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1440-cbf071bb