0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「震える舌」

あの頃映画 「震える舌」 [DVD]あの頃映画 「震える舌」 [DVD]
(2011/11/23)
渡瀬恒彦、十朱幸代 他

詳細を見る


 野村芳太郎「震える舌」再見、

 ある時、小さな少女、若命真裕子はちょっとした怪我をする。

 だがその後歩きたくなくなり、怪我を軽く考えていた渡瀬恒彦と十朱幸代の父母が病院へ連れて行くと破傷風にかかっていることがわかる。

 だが病状がどんどん悪化していき、父母も看病疲れになる。





 医療映画風ホラー映画。

 これは昔封切りで最初観に行って驚いた記憶のある映画である。

 映画自体そう傑作とも思わないし、ホラーとしてもそう大したものでもなく、医療映画とホラーの合間なんていう変なスタンスの中途半端感が出まくっているのだが、しかしながらひたすら娘の若命真裕子が不気味なのだ。

 可愛らしい半分素人な感じの小さな女の子がただ病気になってるだけなのに、何かすざまじいものに取り憑かれたなんだか訳のわからない存在になっていくからである。

 当時流行った「エクソシスト」だって悪魔に取り憑かれたリンダ・ブレアという訳のわかるものだったのに、病名のはっきりしている病気が悪化しただけの少女がなんとも形容しがたい不気味な存在になってしまうのである。

 つまりここには悪魔だと幽霊だとかの非現実的絵空事の枠組みはなく、普通にこうやって病気にかかりそれが悪化してしまうことだってあり得る極めて現実的な設定と状況の中で、少女がその無垢な相貌ゆえに何だか訳のわからない存在になっていくのである。

 まあ当時も新感覚ホラーなんて言われたが、しかしここまで奇妙な映画になることを野村芳太郎ははなから予測していなかったと思う。

 それぐらいこの映画の若命真裕子には無垢ゆえのリアルな訳のわからない不気味さが出ている。

 これはたぶん「ウルトラQ」の「悪魔っ子」に匹敵するリアルなホラー映画だろう。

 あちらもお話はシンプルなものでしかないのに、悪魔っ子たる少女に訳のわからないリアルに無垢ゆえの不気味な存在感があったからである。

 その上この映画には長閑な家族映画や医療教育映画的な小さな詩情すらあり、それがまたささやかな小さな家族のメロウな幻想譚のような風情も漂わせているし、なんとも不思議にメランコリックな味すらも出している。

 いわゆる秀作とか傑作というのとも違う、これは実に異色の怪作としか言いようのない不思議な魅力の一篇。
2013/10/20(日) 14:20:17 松竹 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1426-87f2a0ab