0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

追悼 中西隆三

俺にさわると危ないぜ [DVD]俺にさわると危ないぜ [DVD]
(2005/02/21)
小林旭、松原智恵子 他

詳細を見る


 先日、脚本家の中西隆三氏が亡くなった。

 「フランダースの犬」「ワイルド7」や「大怪獣ガッパ」などの脚本家と言われているが、主に日活プログラムピクチャーの多くの脚本を書いていた方で、その作品評はここでもいくつか書いている。

 小林旭の「黒い賭博師」シリーズや「銀座の次郎長」シリーズや「女の警察」シリーズに「二連銃の鉄」、鈴木清順の「無鉄砲大将」や、「俺にさわると危ないぜ」、傑作ハードボイルドの「野獣を消せ」や「みな殺しの拳銃」、浅丘ルリ子主演の軽妙な「華麗な女豹」や、日活後期の「夜の最前線 女狩り」や「野良猫ロック マシン・アニマル」、モノクロの情緒あるハードボイルド「殺るかやられるか」や「ひとり旅」、東映の「狼やくざ 葬いは俺が出す」などなど。

 その他藤村俊二主演の珍味な喜劇「走れ!コータロー 喜劇 男だから泣くサ」や「喜劇 いじわる大障害」や「恋人をさがそう」「青春を吹き鳴らせ」他など、珍味だったり渋かったりハードボイルドだったり軽妙でコミカルだったりと色々な作品があるが、プログラムピクチャーの楽しさを様々に表現していた人だった。

 どの作品もプログラムピクチャーとは言え妙に個性が強い作品が多いところに職人としてのアイデアや作家性を感じさせる才人だった。

 中西隆三さん、ご冥福をお祈り致します。



野良猫ロック マシン・アニマル [DVD]野良猫ロック マシン・アニマル [DVD]
(2012/04/03)
梶芽衣子、藤竜也 他

詳細を見る
2013/10/13(日) 13:48:11 R・I・P トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1423-777f5333