0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「用心棒市場」

 
用心棒市場 [VHS]用心棒市場 [VHS]
(2002/06/21)
大川橋蔵、松方弘樹 他

詳細を見る


 小沢茂弘「用心棒市場」再見、

 旅鴉の大川橋蔵と松方弘樹は貸元の家で初めて顔を合わす。

 二人は仲がよくなかったが、隣の宿場では様々なもめごとがあり、橋蔵らは首を突っ込むことを拒むも、結局悪人どもと戦うことになる。



 


 どこか流れ者の西部劇みたいな時代劇映画。

 宿場町で横暴なことをする連中のやってることなんか関係ない顔をしていた橋蔵と松方が結局ひと肌脱ぎ悪人どもと戦う様をコミカルに見せていて、実に充実したB級プログラムピクチャーの味を出している。

 若き橋蔵も松方も悪くないが、やはり一番いいのは素浪人風の山形勲で、この手の時代劇では悪役も多いが、この映画ではちょっと恍けた味すらある侍役で、この山形が中々いいので映画自体も充実したものになっている。

 定番設定の勧善懲悪ものといえばそうだが、それでもテンポのいい描写と脇役のいい味わいによって映画自体が引き締まっているところがある、中々佳作なプログラムピクチャーの一篇。



小沢茂弘作品
激突!殺人拳 [DVD]激突!殺人拳 [DVD]
(2006/12/08)
千葉真一、中島ゆたか 他

詳細を見る
2013/10/11(金) 13:59:24 東映 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1422-5ec4ddef