0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「ザ・ドライバー」

 
ザ・ドライバー <HDリマスター版> [DVD]ザ・ドライバー [DVD]
(2012/10/02)
ライアン・オニール、ブルース・ダーン 他

詳細を見る


 ウォルター・ヒル「ザ・ドライバー」再見、

 ライアン・オニールは最高のドライビングテクニックを持ついつも超冷静なゲッタウェイドライバーとしてギャングたちに重宝されていた。

 だが刑事には目の敵にされており凶暴な刑事、ブルース・ダーンはライアンを躍起になって追っていた。
 
 ライアンはイザベル・アジャーニのクールな女と知り合うが、その後もゲッタウェイドライバーとして際どい仕事を冷静にこなしていくがブルース・ダーンはライアンを追い詰めようとしていた。





 ウォルター・ヒル作品では最も好きなカーアクション活劇映画。

 何といってもこの映画は元は甘いアイドル的俳優のライアン・オニールの超クールで無口なドライバー役が実に素晴らしく、ライアン・オニールは元々「ある愛の詩」の生意気な若僧ぶりが好きではなく嫌いだったのだが、この超クールなドライバー役のハマりぶりに惚れ込んでしまい随分好きな役者になった。

 今はまあ多少老けたがそれでも住時の輪郭やテイストを残してTV「BONES」のヒロインの父親(でも犯罪者)役などでいい味を出しているが、やはり最高のハマり役はこの映画のドライバー役である。

 ギャングの逃走を請け負い超クールな判断力とドライビングテクニックで見事逃走に成功する姿はまさにプロフェッショナルという感じだし、サングラス一つかけるだけでこうまで素晴らしい個性に変身するとはどこか寺尾聰と似てるなと昔思ったものだ。

 活劇としてはシンプルな展開だが、ウォルター・ヒルがダレずにキビキビ描いているのでカーアクション映画としても派手だし面白く見られる映画である。

 またフランスからハリウッドにやってきたイザベル・アジャーニもこれまたクールな女の役をフランス映画に出ている時以上にミステリアスに好演していて、この当時はイザベル・アジャーニが一番好きな女優だった。

 勿論この映画を封切り当時見てファンになったのだが。

 刑事役のブルース・ダーンがライアン・オニールとは好対照に凶暴でテンションの高い刑事役を演じこちらも好演している。

 カーアクションとしても暗黒街活劇映画としても面白いが、やはり役者が皆ハマり役というのが特に良く、この映画のライアン・オニールのドライバー役は映画史に残るほどに魅力的な、稀有なまでのハマり役だと思う秀作な一篇。

2013/08/23(金) 13:36:20 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1401-dc0643a8