0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「コンボイクラッシュ」

 

 ピーター・カーター「コンボイクラッシュ」再見、

 ハイウェーのトラックをジャックして車体を塗り直して売る一団がいて、トラッカーたちは脅威を感じていた。

 警察も無線も歯が立たない状況だったが、トラックに乗るジェリー・リードを旧友のピーター・フォンダがバイクで尋ねる。

 ある日ジェリーがトラックをジャックされヤケになっているのを見て、ピーターはトラックに乗りハイジャッカーと対峙する。

 その後ピーターはハイジャッカーの後をつけてアジトを発見する。

 そこにはこれまで盗まれたトラックが存在した。



 

 ピーター・フォンダ主演のコンボイトラック・カーアクション映画。

 初めて見たのは「ハイローリング」のタイトルで劇場公開された学生の頃である。

 ピーター・フォンダがいかにもカーアクション映画に向いていて、大味な出来ではあるが、カーアクションシーンはわりとあり、活劇的展開のB級映画という感じである。

 大型トラックのカーアクションが大スクリーンに映えるものだったが、この時代の迫力満点で息を飲むようなカーアクション映画と比べるとちょっとのんびりした感じがする。

 この映画はピーター・フォンダもいいが、敵の殺し屋役のデイヴィッド・フェリーが実にいい味で、日本で言うとセントラルアーツ系の活劇に出ていた頃(同時期の)若き片桐竜次のような味があり、そのクールなキャラも中々いいと今でも思う。

 正直言うとピーター以上に印象に残る悪役で、片桐竜次にも日本の活劇映画でこういう役をやってほしいなとよく思った。(フェリーは近年ではトロイ・ダフィー「処刑人」シリーズ2作で刑事役をやっている。「処刑人Ⅱ」にはピーター・フォンダも出演したから、結局「ハイローリング」の主役、悪役が揃って出演したということ。)

 そう大傑作という感じではないが、中々よくまとまったB級活劇になってる一篇。


コンボイ・クラッシュ [VHS]コンボイ・クラッシュ [VHS]
(1986/12/28)
ピーター・フォンダ

詳細を見る


ダーティ・メリー クレイジー・ラリー [DVD]ダーティ・メリー クレイジー・ラリー [DVD]
(2010/06/25)
ピーター・フォンダ、スーザン・ジョージ 他

詳細を見る
2013/08/09(金) 14:10:20 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1395-1d6f3808