0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「二人が喋ってる」

「二人が喋ってる。」「金魚の一生」 犬童一心監督作品集 [DVD]「二人が喋ってる。」「金魚の一生」 犬童一心監督作品集 [DVD]
(2004/08/06)
トゥナイト(新屋鳴美、宇野志津香)、桑原和男 他

詳細を見る


犬童一心「二人が喋ってる」再見、

女芸人、新屋鳴美は相方の宇野志津香に誘われて芸人になったが、恋愛もろくに出来ない芸人の生活に嫌気がさし、相方にもうやめたいと告げるが。




犬童一心長編デビュー作。

しかしこういうデビュー作に作家の全てが出るのか、未だその後の犬童一心の映画を見ていていつも好きになれないところがこの映画にも出まくっている。

それはシビアな現実を描くような顔をしながら、その実、いつでもベタで甘い夢話でお茶を濁す映画が犬童映画には多く、その大味な甘い夢話が世間ではウケるがどうにも好きになれないので、そんなものが大量に詰まっているこの映画もまるで好きになれないのである。

綺麗事じみた夢話ばかりして、芸人を諦めないという話に持っていく展開には、人を笑いで幸せにしたくたって、お笑い芸人としての笑いの才能がなければ売れることはない、というシビアな現実は誤魔化されたまま、甘い夢話ばかりが語られていて、それをお為ごかしみたいなミュージカル描写でさらに微温的に誤魔化しているのである。

確かに世間はこういう甘くてベタな夢話が好きだから、犬童のような監督がその後そこそこ売れたのもわかるが、しかしこんな夢話ばかりでシビアな現実を結局誤魔化すようなものは自己啓発セミナーの夢誤魔化しパターンと大して変わらんと思う。

まあ劇中で芸人をやめたがっていた女芸人役の新屋鳴美が実際には今も芸能界にいて、相方の宇野がやめているのがリアルな現実というものであり、どう見たって新屋は関西ローカルでウケるタイプであることは元々の才能の部分が大きいだろうし、そういう人間が生き残り、夢があっても才能がないと残れないのが芸人の世界であるから、もうこのリアルの後日談がすでにこの映画の現実を誤魔化した茶番ぶりを暴露しているようなものだ。

犬童一心の映画は胡散臭いというより、シビアな現実を描く顔をしながら、結局甘い夢で現実を誤魔化して微温的にベタベタなエンターテイメントにしている作風が多く、いつも懐疑的にならざるを得ないが、この映画はそんな犬童一心の問題点がたっぷり詰まった(苦笑)どうにも好きになれない一篇。
2013/06/30(日) 13:58:06 その他 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1377-d8e28aee