0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

「ミンボーの女」

 
ミンボーの女 [DVD]ミンボーの女 [DVD]
(2005/09/22)
宮本信子、山崎努 他

詳細を見る


 伊丹十三「ミンボーの女」再見、

 ホテルヨーロッパはヤクザの恐喝に屈してしまうホテルで、その筋ではカモホテルとして有名だった。

 支配人の宝田明はヤクザ対策のためのそのヤクザ担当を大地康雄と村田雄浩に任すが、二人はなんとも不甲斐なさすぎた。

 そこへ民暴専門の女弁護士、宮本信子がやって来て経験と法律知識でヤクザと敢然と戦いまくる。






 伊丹十三が監督した民暴に関する映画。

 少々図式的で、かなりベタなわかりやすいコテコテ描写に徹しているし、映像も伊丹らしいパスティーシュ的な漫画的強調画面の連続で、ヤクザの中尾彬らの顔をやたらにドアップで撮って迫力を出したり色々茶目っ気を出してやっている映画だが、この映画が公開されてから伊丹監督が実際にヤクザに襲撃される事件まで起きたのだから、実はかなりエグいところまで描いた映画だったのだろうと思う。

 わかりやすいシンプルな構成とベタな芝居の連続ではあるが、伊東四朗のヤクザには相当なリアリティがあるし、なんと言っても主役級スターとして当時映画やドラマで主演しまくってた柳葉敏郎を名前もないチンピラのような刺客役で登場させるシーンは実に素晴らしく、最初ただのエキストラのように見えたのが実は柳葉敏郎であることが徐々に発覚するように撮られていて、そこにスター柳葉敏郎ではなく、生身の人間、柳葉敏郎のレアな顔が映し出されていく描写は、明らかに北野武の「アウトレイジ ビヨンド」の高橋克典=ヒットマンの描写を先んじており、この映画の中で最も出色なシーンになっている。

 ベタでわかりやすい展開をそのまま流れていくような映画ではあるが、随所に仕掛けや工夫、パスティーシュ的な批評性が感じられ、その辺りに伊丹十三らしさがよく出ている一篇。

2013/06/22(土) 13:52:58 東宝 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1370-d73d51b1