0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

追悼 長門勇

 長門勇さんが亡くなった。

「スチャラカ社員」他でのコミカルな役どころを得意とした名バイプレーヤーだったが、時代劇に出るといきなりカッコ良くなる人だった。

その一番有名なのが「三匹の侍」だろうが、何と言っても最もカッコ良かったのは前に書いた主演作「いも侍・蟹右衛門」だろう。

あの飄々としたコミカルさとルックスで、実は滅法強い剣客役というのは、まるで寺沢武一の「コブラ」のようだった。

その他「二匹の用心棒」でもいい味を出していた。(二匹のもう一匹である本郷功次郎氏も今年亡くなっているので、言わば「二匹」とも故人となってしまったな)

また「三億円をつかまえろ」や、田村正和と共演して任侠ヤクザ役をやった松竹任侠映画「任勇の花道 ドス」でもほとんど主役級で好演していて中々良かった。

テレビではやはり「横溝正史シリーズ」での金田一耕助=古谷一行のコミカルな相棒、日和警部役が最も印象に残っている。

人情味と温かみのあるコミカルな個性の中に男臭いストイックさが同居している魅力があり、ある時は気のいい温かみのある面白いおじさん風だが、ある時は(特に時代劇では)そこに素浪人らしい男気と崩れが加わって、なんともそこに独特のカッコ良さがある人だった。

長門勇さん、ご冥福をお祈り致します。


あの頃映画 三匹の侍 [DVD]あの頃映画 三匹の侍 [DVD]
(2012/12/21)
丹波哲郎、平幹二朗、 他

詳細を見る


本陣殺人事件 [DVD]本陣殺人事件 [DVD]
(2006/12/08)
古谷一行、淡島千景 他

詳細を見る
2013/06/07(金) 13:51:59 R・I・P トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoheinarumi.blog18.fc2.com/tb.php/1357-416285ca